工場夜景 川崎エリア

2016.7.29 工場夜景 川崎エリア

好きなカメラの被写体ではかなり上位の工場夜景。久しぶりに京浜工業地帯まで足を運び撮影してきました。
群馬にも工場夜景では有名な東邦亜鉛があるけど、撮り飽きちゃったし、やっぱメタリックでギラギラ輝く石油プラントを撮りたくて
今回行ってきました。

14時すぎに家を出たが、首都高は大渋滞・・。
トワイライトでも撮りたいのでちょっと焦りましたが、18時には到着。

最初は水江町の東亜石油製油所を見に、夜光3へ。



水江運河を挟んで工場夜景を楽しめるスポットです。
駐車は数台できます。
が、、。着いてみると停船が多くて写真撮っても絵にならないので、撤収。

急いで、隣島の千鳥町へ。



このエリアには工場夜景では超有名な日本触媒 千鳥工場があります。

まずは塩浜運河でトワイライト撮影。
目の前に見えてるのが東亜石油製油所。
2016-7-29 工場夜景16 (1 - 1DSC_0011)_R
天気が良くて、富士山も見えました。

望遠で。
2016-7-29 工場夜景08 (1 - 1DSC_0013-HDR)_R
2016-7-29 工場夜景06 (1 - 1DSC_0019-HDR)_R
このギラギラ輝く姿がホントかっこいいです。

日も暮れ空が暗くなってきました。

浮島方面を望遠で。
2016-7-29 工場夜景15 (1 - 1DSC_0020)_R
タンクとオレンジの工場灯が綺麗です。

このエリアメインの日本触媒のプラント。
2016-7-29 工場夜景01 (1 - 1DSC_0028-HDR)_R
2016-7-29 工場夜景04 (1 - 1DSC_0032-HDR)_R
以前は線路沿いから写真撮れたらしいのですが、今は高いフェンスがあり、背の高い三脚か、工夫が必要です。

線路沿いから。
2016-7-29 工場夜景02 (1 - 1DSC_0025-HDR-2)_R
線路とプラントのコラボが素晴らしいです。

日本触媒の道路挟んで反対側にある、サンケミカル(株)
2016-7-29 工場夜景12 (1 - 1DSC_0035-HDR)_R
細いパイプがカッコイイです。
2016-7-29 工場夜景14 (1 - 1DSC_0036)_R

フレアスタック。
2016-7-29 工場夜景09 (1 - 1DSC_0024)_R

次に日本合成樹脂のプラント。
2016-7-29 工場夜景03 (1 - 1DSC_0037-HDR)_R
2016-7-29 工場夜景17 (1 - 1DSC_0040-HDR)_R
オレンジ色の光がまた良いです。

こちら側からのフレアスタックもいい感じ。
2016-7-29 工場夜景13 (1 - 1DSC_0047)_R

夜光方面を望遠で。東亜石油製油所。
2016-7-29 工場夜景10 (1 - 1DSC_0044-HDR)_R
かっこよすぎ~~~。

次は浮島に移動。
このエリアも沢山のポイントがあるけど、今回は超有名場所だけ。


東燃ゼネラル石油
2016-7-29 工場夜景05 (1 - 1DSC_0052-HDR)_R

JX日鉱日石エネルギ-
2016-7-29 工場夜景11 (1 - 1DSC_0056)_R

パイプ郡がまるで近未来都市のようでした。
2016-7-29 工場夜景07 (1 - 1DSC_0057-HDR)_R


にほんブログ村

スポンサーサイト

川場花火大会 2016

2016.7.24 川場花火大会 2016

今年最初の花火大会は群馬県 川場村の花火大会。
去年の人出は高崎の花火大会が70万人なのに対して、川場はわずか2千人のみ(笑)
穴場な花火大会です。

駐車場は川場村役場付近に沢山用意してありました。

●周辺地図


打ち上げ場所
無題_R

20時から打ち上げなので3時間前に場所取りして清流公園で撮ることに。
1時間前に消防の方が、「ここは立ち入り禁止になります」
えっ?今更かよ・・。他のカメラマンも唖然・・。
今更場所取れないよ・・。

で、良い所は取れなくて撮った写真がこちら。
2016-7-24 川場花火大会05 (1 - 1fjd)_R
2016-7-24 川場花火大会04 (1 - 1DSC_0080)_R
2016-7-24 川場花火大会03 (1 - 1fd)_R
2016-7-24 川場花火大会02 (1 - 1DSC_0085)_R
2016-7-24 川場花火大会01 (1 - 1aaa)_R

途中雨も降ってきて、レンズに水滴・・。ゴースト出まくりで後半の写真は全滅しました・・・。
穴場的な花火大会なのに残念な結果に終わってしまいました。


にほんブログ村

武尊山 不動岩ルート

2016.7.18 武尊山 不動岩ルート

日本百名山 武尊山 標高2,158mに川場野営場から不動岩ルートで登ってきました。



武尊山は今回が2回目で前回は水上の宝台樹の武尊神社から登り、山頂~剣ヶ峰の周回ルートで登りました。
2015.6.29 武尊山 登山 武尊神社周回ルート⇒http://satoshi2222.blog.fc2.com/blog-entry-63.html

不動岩ルートは、山と高原地図では不動岩~前武尊は危険な破線ルートになっており、前から気になっていたので今回このコースを選びました。川場野営場からは、不動岩からのルートの他に、オグナスキー場との合流ルートでも登ることができます。

湯けむり街道~川場野営場までは、舗装されておらず砂利道でした。
川場野営場はこんな感じです。
2016-7-18 武尊山01 (1 - 1DSC_0001)_R
夜の車中泊は少し不気味ですね。

さて、出発です。山頂まで7.1km。往復で中々登り応えありそうです。
2016-7-18 武尊山02 (1 - 1DSC_0002)_R
2016-7-18 武尊山03 (1 - 1DSC_0003)_R

数十分歩くと不動岳ルートへの分岐。
登りは不動岳へ。帰りは前武尊から直接降りてきます。
2016-7-18 武尊山04 (1 - 1DSC_0004)_R

水が綺麗ですね~!
2016-7-18 武尊山05 (1 - 1DSC_0005)_R

武尊山はどのルートもぬかるみが多いんですかね~~?
2016-7-18 武尊山06 (1 - 1DSC_0006)_R

少し歩くと急登りが始まります。湿気が多くて汗が止まりません(笑)
こまめに水分補給。
2016-7-18 武尊山07 (1 - 1DSC_0007)_R

旭小屋との分岐。
2016-7-18 武尊山08 (1 - 1DSC_0008)_R

プチ鎖場等も出てきました。中々の登りが続きます。
倒木等も沢山あって歩きづらいし結構荒れてます。
2016-7-18 武尊山09 (1 - 1DSC_0009)_R

禅定の窟。修験な山なのでこのような場所が沢山あります。
2016-7-18 武尊山10 (1 - 1DSC_0011)_R

展望の良い所に出ました!雲が沸きあがって、晴れたりガスったりで今一ぱっと晴れてくれません。
天気予報では晴れる予報ですが・・・。
2016-7-18 武尊山11 (1 - 1DSC_0014)_R

剣ヶ峰はガスの中。
2016-7-18 武尊山12 (1 - 1DSC_0016)_R

望遠で川場スキー場の山頂を望みます。
2016-7-18 武尊山13 (1 - 1DSC_0017)_R

不動岩の岩郡。
2016-7-18 武尊山14 (1 - 1DSC_0020)_R

さて楽しい鎖の時間です♪
まずは長い鎖場を下りまーす。
2016-7-18 武尊山15 (1 - 1DSC_0021)_R

途中、降りてきた鎖場を振り返る。
2016-7-18 武尊山16 (1 - 1DSC_0022)_R

次は滑りやすい岩泥の鎖場。滑ります・・。
2016-7-18 武尊山17 (1 - 1DSC_0024)_R

核心部。カニのヨコバイ&タテバイ。
2016-7-18 武尊山18 (1 - 1DSC_0025)_R

手前の鎖と奥の鎖ルートに分かれてます。
2016-7-18 武尊山19 (1 - 1DSC_0027)_R

難易度高そうな奥のルートから。
腕力で引き上げる感じな鎖場。落ちたら奈落の底だぁ~~。
2016-7-18 武尊山20 (1 - 1DSC_0028)_R

チムニー状の鎖場を下ります。
2016-7-18 武尊山21 (1 - 1DSC_0030)_R

なにやら石碑が!ここで一息入れます。
2016-7-18 武尊山22 (1 - 1DSC_0031)_R
ん?一瞬ルートを見失いましたが、石碑の下あたりから下れるルートがありました。

岩郡を振り返る。スリリングな鎖場で結構楽しかったです。
2016-7-18 武尊山23 (1 - 1DSC_0035)_R

胎内潜り。
ジメッとしてて潜る気になれませんでした。
2016-7-18 武尊山24 (1 - 1DSC_0036)_R

この後、先行してた女性が下山してきました。
「熊が出ました」
熊~~~。
武尊山は群馬の中でも熊が生息数が多い山らしいので熊鈴はつけないと危険みたいなのですが・・。
女性は鈴をつけてる様子は・・。
立ち上がって威嚇されたらしく、怖くて撤退するみたいでした。
出没場所は前武尊らしく、逆方向からも下山できないため、また不動岩から下山するみたいです。

ここから自分は鈴の他に、スマホで音楽もガンガン鳴らして歩きました。

いよいよ前武尊。
到着した瞬間。。。
黒いデカ物が笹薮に逃げていきました!!!!!
熊だ・・・。
まだいたのか?戻ってきたのか?
心臓バクバク。

前武尊にはコンビニのおにぎり袋等が落ちてました。
残飯でも食べてたのかな?
人間の食べ物を知った熊は、また同じ場所に戻ってくると思うので、今後登られる方は注意してください。

で、前武尊!
2016-7-18 武尊山26 (1 - 1DSC_0038)_R

ここには武尊山の名前由来にもなった日本武尊の像が建っています。
2016-7-18 武尊山25 (1 - 1DSC_0037)_R
オイッスって行ってる気がしました(笑)

熊におびえながら先に進むと、今度はサルの群れに遭遇。
にらめっこ。
2016-7-18 武尊山27 (1 - 1DSC_0041)_R
勝利!!逃げていきました!!

ここからは剣ヶ峰北峰の岩稜歩きです。
左に行けば巻き道もあるので安心?
2016-7-18 武尊山28 (1 - 1DSC_0042)_R

岩稜歩き楽しいなぁ~~!
鎖やはしご等も設置してありました。
2016-7-18 武尊山29 (1 - 1DSC_0045)_R

前武尊からアップダウンを繰り返し、家の串に到着。
結構お疲れ気味です。
2016-7-18 武尊山30 (1 - 1DSC_0046)_R

山頂も見えてきました。まだ長い?な・・・。
2016-7-18 武尊山31 (1 - 1DSC_0047)_R

武尊牧場とのルート分岐。
こちらもぬかるみが酷いみたいですね。
2016-7-18 武尊山32 (1 - 1DSC_0050)_R

山頂までもう一分張り。
2016-7-18 武尊山33 (1 - 1DSC_0051)_R

美味しいと有名な水場。「笹清水」
残念ながら枯れててチューブから水が出てません。
楽しみにしてたのに・・・。
2016-7-18 武尊山34 (1 - 1DSC_0052)_R

この辺りはぬかるみも無く、歩きやすかったです。
2016-7-18 武尊山35 (1 - 1DSC_0053)_R

鳳の池。
2016-7-18 武尊山36 (1 - 1DSC_0054)_R

ん?枯れて水がないです。
雪不足&雨不足がこんなところにも?
2016-7-18 武尊山37 (1 - 1DSC_0055)_R

三ツ池。
2016-7-18 武尊山38 (1 - 1DSC_0056)_R

こちらは水がありました。
湿原みたいに池塘なら綺麗なのになぁ~~。
2016-7-18 武尊山39 (1 - 1DSC_0057)_R

おたまじゃくしが沢山いました。
そういえば登山道にカエルが沢山いました!
2016-7-18 武尊山40 (1 - 1DSC_0058)_R

再び、日本武尊の像。
2016-7-18 武尊山41 (1 - 1DSC_0081)_R

至仏山!
燧ケ岳はガスの中。
2016-7-18 武尊山42 (1 - 1DSC_0080)_R

ようやく山頂!!
武尊山 標高2,158m 登頂。
熊が出たり、猿に絡まれたり、ぬかるみで歩きづらかったなどで精神的に疲れた~~。
2016-7-18 武尊山43 (1 - 1DSC_0061)_R
山頂は連休なのにわずか5人。百名山なのにこの人気の無さ。
登山客のほとんどは、前回登った武尊神社から。
歩きづらいし、泥だらけになるしで人気無いのも納得できるかもです。
周りには、赤城山・谷川岳・尾瀬の山々・苗場山・日光連山など有名な山が沢山ありますしね。

谷川岳方面もガスの中。
2016-7-18 武尊山44 (1 - 1DSC_0075)_R

剣ヶ峰方面。
武尊山ではこの景色が一番好き!
2016-7-18 武尊山45 (1 - 1DSC_0077)_R

おきまりの三角点タッチ。
しかし山頂は虫が多いです。
2016-7-18 武尊山46 (1 - 1DSC_0064)_R

さて、山頂で大分ゆっくりしてしまったので、急いで下山します。

振り返って山頂。
2016-7-18 武尊山47 (1 - 1DSC_0078)_R

おおお。帰りには笹清水が湧き出てました~~。
超~~~冷たくて美味しかったです。これを飲みに登りにくる人もいるらしいです。
2016-7-18 武尊山48 (1 - 1DSC_0082)_R

行きはガスってよく見えなかった川場剣ヶ峰。
2016-7-18 武尊山49 (1 - 1DSC_0085)_R

前武尊まで戻ってきました。
野生動物の気配は無い?
下山は、オグナ武尊スキー場方面から下山します。
2016-7-18 武尊山50 (1 - 1DSC_0088)_R

こちらのルートも鎖場あり。
しかし、そこらに動物の糞が落ちてます。
登山客も少ないルートだからかな?
2016-7-18 武尊山51 (1 - 1DSC_0089)_R

オグナスキー場。
ちなみに冬は、武尊山3山(宝台樹、武尊牧場、オグナ武尊)のシーズン券を良く買いますが、一度も来た事の無いスキー場です。。
2016-7-18 武尊山52 (1 - 1DSC_0090)_R

スキー場との分岐。
川場野営場へ降ります。
2016-7-18 武尊山54 (1 - 1DSC_0092)_R

無事下山!!しかし、泥だらけで歩きづらかった~~。
不動岩の鎖場は楽しかったけど、このルートの再訪は無いかな?
2016-7-18 武尊山55 (1 - 1DSC_0093)_R


にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

槍ヶ岳 上高地~槍沢ルート 1泊2日 槍ヶ岳山荘泊

2016.7.10~11 槍ヶ岳 上高地~槍沢ルート 1泊2日 槍ヶ岳山荘泊

日本百名山 北アルプスの『槍ヶ岳』 標高3180m 国内第5位の高峰に登山2周年記念として1泊2日で登ってきました。



山登り始めたのが丁度2年前。
もう2年なのか。まだ2年なのか・・・。

北アルプスは、去年登ったジャンダルム~奥穂高岳~前穂高岳に続いて2峰目。
2015.8.5-6 穂高岳 登山 ジャンダルム~奥穂高岳~前穂高岳⇒http://satoshi2222.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

ようやく梅雨の晴れ間が出そうなので、10日は有給取得。
11日も晴れそうなので上高地から1泊2日で決行。

仕事終わって、上信越道~長野自動車道を眠い中走り、深夜に上高地行きのバスターミナルの沢渡駐車場に到着。
朝まで爆睡。

4時半起床。
前日は雨。
青空もチラホラ出てますが、まだ山はガスの中。
2016-7-10-11 槍ヶ岳01 (1 - 1DSC_0001)_R

仕度をしてバスターミナルへ。
2016-7-10-11 槍ヶ岳02 (1 - 1DSC_0002)_R

綺麗なターミナルで朝から早くから営業。
2016-7-10-11 槍ヶ岳03 (1 - 1DSC_0004)_R

今回の始発は5:40分。
時間まで待ってると、おじさんが乗り合いタクシーで行かないかと?
マイカー規制で閉じてるゲートは5時から開くらしいので、バスより早く着くとの事。
ラッキーと思い乗り合いタクシーで行くことに。

一緒に乗車した方は、日帰りで奥穂高行くとか!!

6時前に上高地到着!
2016-7-10-11 槍ヶ岳04 (1 - 1DSC_0005)_R
青空が出てきました~~♪
良い天気になりそうです。

登山届けを提出。
2016-7-10-11 槍ヶ岳05 (1 - 1DSC_0006)_R

朝の河童橋。
前日の雨で水量が多い気がします。
少しまったりしつつ、6時半に槍ヶ岳に出発!
2016-7-10-11 槍ヶ岳06 (1 - 1DSC_0007)_R

小梨平キャンプ場。
昔は直火できた素晴らしいキャンプ場でしたが、今はダメみたいです。
でも上高地でキャンプなんて素敵だなぁ~。
2016-7-10-11 槍ヶ岳07 (1 - 1DSC_0008)_R

明神岳・前穂高方面。
ガスがどんどん取れていきます。
2016-7-10-11 槍ヶ岳08 (1 - 1DSC_0009)_R

明神に到着。
フラット道なのでかなりハイペースで歩いてます。
2016-7-10-11 槍ヶ岳09 (1 - 1DSC_0010)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳10 (1 - 1DSC_0011)_R

綺麗に晴れてきました!
梓川も綺麗です。
2016-7-10-11 槍ヶ岳11 (1 - 1DSC_0012)_R

小走りで徳沢まで到着。
ここは素通り。
2016-7-10-11 槍ヶ岳12 (1 - 1DSC_0014)_R

まだまだ観光道で綺麗に整備してあります。
小走りで一気に時間を稼ぎます。
ちなみに、上高地~槍ヶ岳はコースタイムは約11時間なのでのんびりしてると日が暮れ雷の危険も出てきます。
2016-7-10-11 槍ヶ岳13 (1 - 1DSC_0016)_R

川の中で育つ木(笑)ナニコレ!
2016-7-10-11 槍ヶ岳14 (1 - 1DSC_0015)_R

横尾に到着。
ここまでほとんどフラット道で河童橋からの標高差は100m(笑)
コースタイムは3時間なのに・・・。
2016-7-10-11 槍ヶ岳15 (1 - 1DSC_0017)_R

横尾大橋。ここも上高地の観光スポットですね。
ここを渡れば涸沢方面です。
2016-7-10-11 槍ヶ岳16 (1 - 1DSC_0019)_R

槍ヶ岳まで後11km。まだ標高全然稼いでませんけど・・・。
2016-7-10-11 槍ヶ岳17 (1 - 1DSC_0020)_R

槍ヶ岳と蝶ヶ岳への分岐。
2016-7-10-11 槍ヶ岳18 (1 - 1DSC_0021)_R

ようやく登山道らしくなってきましたが、まだほぼフラットです。
2016-7-10-11 槍ヶ岳19 (1 - 1DSC_0022)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳20 (1 - 1DSC_0023)_R

一の俣に到着。
2016-7-10-11 槍ヶ岳21 (1 - 1DSC_0025)_R

川の流れが綺麗です。
ここは梓川?もう槍沢って言うのかな?
2016-7-10-11 槍ヶ岳22 (1 - 1DSC_0026)_R

そして二の俣。
2016-7-10-11 槍ヶ岳23 (1 - 1DSC_0027)_R

まだ川沿いのフラット道が続きます。
2016-7-10-11 槍ヶ岳24 (1 - 1DSC_0028)_R

槍沢ロッジに到着。
普通はここで1泊して槍ヶ岳を目指すのが一般的らしいです。
まだ標高は1800m。
やはり結構厳しいルートのようですね。
2016-7-10-11 槍ヶ岳25 (1 - 1DSC_0029)_R
ここまで、ハイペースで歩いてきたので少し軽食休憩。10分くらい。

望遠鏡が置いてあります。「槍が見えるよ」
2016-7-10-11 槍ヶ岳26 (1 - 1DSC_0030)_R

槍!!しかし遠くね~~??
2016-7-10-11 槍ヶ岳27 (1 - 1DSC_0031)_R

数十分歩くと、ババ平に到着。
2016-7-10-11 槍ヶ岳28 (1 - 1DSC_0033)_R

キャンプ指定地で、テント張る場合は先ほどの槍沢ロッジで受付します。
作りたて?の仮設トイレも設置してあります。
2016-7-10-11 槍ヶ岳29 (1 - 1DSC_0034)_R
後5kmらしいですが、ここから標高差1200m登るのです(笑)

氷河地形から流れ落ちる滝がかっこいいです。
2016-7-10-11 槍ヶ岳29 (1 - 1DSC_0037)_R

大曲に到着。
水俣乗越方面は喜作新道~東鎌尾根経由で槍へ。
自分は槍沢ルートで行きました。
ここまですでに15kmくらい歩いてきましたが、ここから地獄の登りが始まります。
2016-7-10-11 槍ヶ岳30 (1 - 1DSC_0038)_R

展望も開け、めちゃくちゃアルプス感!
気持ちい~~♪
2016-7-10-11 槍ヶ岳31 (1 - 1DSC_0039)_R

遠くに見えてるのが、大喰岳と中岳かな?
高山植物も沢山ですが、吸血虫達も沢山です・・。
2016-7-10-11 槍ヶ岳32 (1 - 1DSC_0040)_R

槍沢全景。
2016-7-10-11 槍ヶ岳33 (1 - 1DSC_0042)_R

ミヤマキンポウゲと一緒に!
2016-7-10-11 槍ヶ岳34 (1 - 1DSC_0044)_R

振り返って、右の平らな山が赤沢山。左が西岳。
あんなに晴れてたのに、写真泣かせの薄っすい雲が出始めました。
一番絵にならない、雲・・。
2016-7-10-11 槍ヶ岳35 (1 - 1DSC_0045)_R

ようやく天狗原への分岐。
天狗池の逆さ槍は有名ですよね~。紅葉の時に来たいな~。今はまだ雪の中かな?
2016-7-10-11 槍ヶ岳36 (1 - 1DSC_0047)_R

まだまだ登ります。遠くに見えてる尾根まで登るんですから。。
登山道はビックリするくらい整備していて、登りやすいですけど。
感謝です。下山が楽そう。
2016-7-10-11 槍ヶ岳37 (1 - 1DSC_0048)_R

グリーンバンドと言われるハイマツ帯に突入。
雷鳥探したけどいなかった。
2016-7-10-11 槍ヶ岳38 (1 - 1DSC_0052)_R

ここはもう雪解けしてましたね~。
2016-7-10-11 槍ヶ岳39 (1 - 1DSC_0054)_R

ついに。ようやく槍の姿が見えました~~!
しかしここからが遠かった(笑)
2016-7-10-11 槍ヶ岳40 (1 - 1DSC_0055)_R

槍ヶ岳を望遠で!尖がってるなぁ~~♪
すでに疲労と暑さでバテ気味だけど、ここはテンションあがった~~!
2016-7-10-11 槍ヶ岳41 (1 - 1DSC_0056)_R
振り返れば、常念岳が見えてきました。
2016-7-10-11 槍ヶ岳42 (1 - 1DSC_0057)_R

今回初めての雪渓トラバース。シャバシャバでアイゼン必要ないです。
冷えてアイスバーンになったら怖いかも?
2016-7-10-11 槍ヶ岳43 (1 - 1DSC_0061)_R

播隆窟。
2016-7-10-11 槍ヶ岳44 (1 - 1DSC_0062)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳45 (1 - 1DSC_0063)_R

今度は雪渓を登ります!
下りは少し怖いかも?
2016-7-10-11 槍ヶ岳46 (1 - 1DSC_0066)_R

標高稼ぐたび、常念岳が生えてきます(笑)
2016-7-10-11 槍ヶ岳47 (1 - 1DSC_0065)_R

分岐見逃しましたが、ギザギザの踏み後はヒュッテ大槍に向かう道です。
2016-7-10-11 槍ヶ岳48 (1 - 1DSC_0067)_R

近いようで中々近づかない!
疲労メーター80%越えました!
2016-7-10-11 槍ヶ岳49 (1 - 1DSC_0068)_R

殺生ヒュッテの分岐。
まだ、どこの山小屋泊まるか決めてなかったけど、ご来光考えて槍ヶ岳山荘にしました。
ヒュッテ大槍も殺生ヒュッテも地図で想像してたより距離あります。疲れてるからそう感じるのかも・・・
2016-7-10-11 槍ヶ岳50 (1 - 1DSC_0074)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳51 (1 - 1DSC_0075)_R

おおお!
薄い雲が取れて綺麗な青空が出始めました~~♪
2016-7-10-11 槍ヶ岳52 (1 - 1DSC_0077)_R

少し登ると、また殺生ヒュッテの分岐があります。
2016-7-10-11 槍ヶ岳53 (1 - 1DSC_0078)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳54 (1 - 1DSC_0079)_R

晴れた記念にハクサンイチゲと槍!
2016-7-10-11 槍ヶ岳55 (1 - 1DSC_0083)_R

お花畑が沢山。
2016-7-10-11 槍ヶ岳56 (1 - 1DSC_0084)_R

槍の山頂を望遠で。
数人が登ってますね~!
2016-7-10-11 槍ヶ岳57 (1 - 1DSC_0085)_R

高台にあるのが、ヒュッテ大槍。その下が殺生ヒュッテ!
殺生ヒュッテから大分登ってきました。
2016-7-10-11 槍ヶ岳58 (1 - 1DSC_0086)_R

東鎌尾根、表銀座方面へとの分岐。
2016-7-10-11 槍ヶ岳59 (1 - 1DSC_0087)_R

槍ヶ岳山荘到着!!疲れた~~~!
2016-7-10-11 槍ヶ岳60 (1 - 1DSC_0088)_R
が、ガスがドンドンあがってきて、いつ山頂もガスの中に入るか分からないので、チェックインせず山頂へ。

山頂へアタック開始。
2016-7-10-11 槍ヶ岳61 (1 - 1DSC_0093)_R

こんな所にシナノキンバエが咲いてる~。踏んじゃいそうだよ!
2016-7-10-11 槍ヶ岳62 (1 - 1DSC_0094)_R

浮石とかも整備してくれてるみたいで登りやすいです。
2016-7-10-11 槍ヶ岳63 (1 - 1DSC_0095)_R

出た!はしご!
2016-7-10-11 槍ヶ岳64 (1 - 1DSC_0096)_R

上に見えるはしごを登れば山頂!
2016-7-10-11 槍ヶ岳65 (1 - 1DSC_0097)_R

到着!!
槍ヶ岳 3180m登頂!
めっちゃ達成感!疲れた~~~。
2016-7-10-11 槍ヶ岳66 (1 - 1DSC_0107)_R

お決まりの三角点タッチ。
2016-7-10-11 槍ヶ岳67 (1 - 1DSC_0112)_R

山頂は貸切状態。
前日が雨だったのと、当日は日曜なのでガラガラ。
普段は写真撮ったらすぐ下山しないと怒られるらしい。混む時は山小屋まで列ができるみたいなので。

表銀座方面を見ながらまったり!
2016-7-10-11 槍ヶ岳70 (1 - 1DSC_0111)_R

北鎌尾根から鷲羽岳、水晶岳方面。西鎌尾根は厚いガスの中。
2016-7-10-11 槍ヶ岳69 (1 - 1DSC_0108)_R

奥に見える山小屋はヒュッテ大槍、下に見えてるのが殺生ヒュッテです。
2016-7-10-11 槍ヶ岳68 (1 - 1DSC_0110)_R

1時間くらいまったりして下山。
高所恐怖症の方はやばいね。
2016-7-10-11 槍ヶ岳71 (1 - 1DSC_0113)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳74 (1 - 1DSC_0115)_R

お花の誘惑で滑落しないように!
2016-7-10-11 槍ヶ岳73 (1 - 1DSC_0114)_R

あそこに登ってきたぞ~~ってポーズ(笑)
2016-7-10-11 槍ヶ岳75 (1 - 1DSC_0133)_R

槍ヶ岳山荘へチェックイン。
夕ご飯のみ!
2016-7-10-11 槍ヶ岳76 (1 - 1DSC_0123)_R

売店でTシャツとバッジ買いました。
2016-7-10-11 槍ヶ岳77 (1 - 1DSC_0124)_R

部屋は駒鳥ってお部屋。
2016-7-10-11 槍ヶ岳78 (1 - 1DSC_0119)_R

Bの一番奥が今晩の寝床。
山小屋もガラガラで4つ隣まで無人で超快適に寝れました!
こんなに空いてるのは珍しいとの事。
2016-7-10-11 槍ヶ岳79 (1 - 1DSC_0120)_R

さっそくビールとつまみを買って乾杯!500円
2016-7-10-11 槍ヶ岳80 (1 - 1DSC_0122)_R

お決まりのやつ!
槍に乾杯!
2016-7-10-11 槍ヶ岳81 (1 - 1DSC_0121)_R

ビール飲んでると、生ビール?飲んでる人が!!!
「生ビール売ってるんですか?」 「小屋で売ってるよ~」
えええ。高くても生ビール飲みたいよ~~!

キッチン槍。
2016-7-10-11 槍ヶ岳82 (1 - 1DSC_0125)_R

あるよ生ビール!1000円。
こんなところまで来て、お金をケチりたくない!
2016-7-10-11 槍ヶ岳83 (1 - 1DSC_0126)_R

2杯目~~♪
お決まりやり直し。
2016-7-10-11 槍ヶ岳84 (1 - 1DSC_0127)_R

テント場はこんな感じ。
ここまでテント装備で登る体力は自分には無いです・・・。
2016-7-10-11 槍ヶ岳85 (1 - 1DSC_0134)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳86 (1 - 1DSC_0135)_R

夕食!
酢豚?こんな場所で温かいご飯を食べれることに感謝です。
お米は食べ放題!下山に向けて失ったカロリー補給。
2016-7-10-11 槍ヶ岳87 (1 - 1DSC_0135)_R

夕日は残念ながら雲で見えませんでした・・。
でも空のコントラストが綺麗!!
2016-7-10-11 槍ヶ岳87 (1 - 1DSC_0145)_R

夕日に照らされる槍!!
2016-7-10-11 槍ヶ岳88 (1 - 1DSC_0142)_R

そして消灯前に就寝。

ご来光見るために3時半に起床が二度寝してしまい、4時起床!
日の出まで後30分!急いで仕度して槍の山頂へ。
2016-7-10-11 槍ヶ岳89 (1 - 1DSC_0147)_R
3000mって事も忘れ、がむしゃらに岩登り!
鉄はしごが冷たいよ・・。

なんとか間に合った!!
2016-7-10-11 槍ヶ岳90 (1 - 1DSC_0154)_R

贅沢すぎる景色。
2016-7-10-11 槍ヶ岳91 (1 - 1DSC_0158)_R

あまりの絶景で1時間半も山頂でまったり。日の出後は、もちろん自分1人。
2016-7-10-11 槍ヶ岳92 (1 - 1DSC_0170)_R
槍の影が出来てます。

昨日はガスってて見えなかった穂高岳方面。
2016-7-10-11 槍ヶ岳93 (1 - 1DSC_0172)_R

北アルプス先は雲海だぁ!
2016-7-10-11 槍ヶ岳94 (1 - 1DSC_0173)_R

今日はこちらも快晴!
2016-7-10-11 槍ヶ岳95 (1 - 1DSC_0176)_R

笠ヶ岳。
2016-7-10-11 槍ヶ岳97 (1 - 1DSC_0178)_R


さて名残惜しいけど下山します。
2016-7-10-11 槍ヶ岳96 (1 - 1DSC_0177)_R
2016-7-10-11 槍ヶ岳98 (1 - 1DSC_0179)_R

もうすぐ槍が見えなくなってしまいます。
槍ヶ岳山荘が太陽光で光ってます。
2016-7-10-11 槍ヶ岳99 (1 - 1DSC_0184)_R

怖いと思ったけどたいしたことなかったです。
2016-7-10-11 槍ヶ岳100 (1 - 1DSC_0185)_R

やっぱ絶景!
2016-7-10-11 槍ヶ岳101 (1 - 1DSC_0188)_R

一気に槍沢ロッジまで駆け下り。
整備されて最高に下山しやすい。
槍沢ロッジで休憩!ってか朝ごはんパン1個しか食べてなかった(笑)
2016-7-10-11 槍ヶ岳102 (1 - 1DSC_0189)_R
ペプシ一気飲み!うんめ~~!

ここから上高地までが長く感じた・・。
長いフラット道再び!

明神でお疲れの生ビール。イワナも食べたかったけど30分かかるとか・・。そんなにビール待てない!!
2016-7-10-11 槍ヶ岳103 (1 - 1DSC_0190)_R

アルコール抜けるまで、仮眠したり上高地散策。
2016-7-10-11 槍ヶ岳104 (1 - 1DSC_0192)_R

帰ってきた~!沢渡へ帰り温泉入ってまったり!
お疲れ様でした!
2016-7-10-11 槍ヶ岳105 (1 - 1DSC_0194)_R

今回の槍ヶ岳登頂で標高ランキングベスト5を制覇。
1.富士山 2.北岳 3.(奥)穂高岳 3.間ノ岳 5.槍ヶ岳


にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ハセ

Author:ハセ
趣味:【スノーボード】【登山】【カメラ】【旅行】これらの内容中心にブログ書いて行こうと思います。よければ覗いていってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
06 ≪│2016/07│≫ 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
来場者