武尊山 登山 武尊神社周回ルート

2015.6.29 武尊山 登山 武尊神社周回ルート

日本百名山 群馬の名峰。「武尊山」標高2,158mに行ってきました。
武尊山は山麓に川場、牧場、オグナ、宝台樹など多くのスキー場がありwinter seasonにもお世話になってる山です。
今回は、水上の宝台樹キャンプ場近くの武尊神社から武尊山の山頂、沖武尊に登って、そこから剣ヶ峰に行って武尊神社に
下山するルートで行ってきました。


夜勤明けの休み。梅雨の貴重な晴れ間だったので、勤務終わった後に登りに行きました。

家でシャワーや準備をし、登山口に7:00に到着。
いつもならとっくに登り始めてる時間ですが、5時まで仕事だったので・・。
7:30にスタート。
武尊山01 (1 - 1DSC_0001)_R
駐車場からしばらく砂利道を歩いていきます。

自己責任でコースタイムで35分の所まで車で来れるみたいです。
武尊山02 (1 - 1DSC_0002)_R
今度はこちらに停めようかな?

しかし、身体が重い・・。そりゃ勤務後で一睡もしてなきゃ当然だけど。。
まだ平坦の道で疲れる。。

ここからは一般車は立ち入り禁止。
武尊山03 (1 - 1DSC_0003)_R
まだ砂利道を歩いていきます。

前日の雨でぬかるみが凄い。
武尊山04 (1 - 1DSC_0004)_R
口コミでも武尊山はぬかるみが多いと聞いてましたが、すでに靴が真っ黒・・。

この分岐からようやく、登山っぽくなります。
武尊山05 (1 - 1DSC_0005)_R
最初は、非難小屋、山頂方面へ行きます。

気持ちよい森の中を進んでいきます。すでに時刻は8時。森の中にも日差しが入り込んできます。
武尊山06 (1 - 1DSC_0007)_R
しかし、山らしい道になっても相変わらずのぬかるみ地獄。

沢も渡ります。
武尊山07 (1 - 1DSC_0008)_R
沢沿いに歩けるので、癒されます。

綺麗に咲いてます。
武尊山08 (1 - 1DSC_0009)_R

ぬかるんでで、普段はそんなに危険ではない所でも、滑りやすく、滑れば、滑落するところも何箇所もありました。

剣ヶ峰が見えました。
武尊山11 (1 - 1DSC_0013)_R
すでに雲が沸き始めてます。

勢い良く、水分が蒸発。
武尊山12 (1 - 1DSC_0014)_R

このコースの目玉。鎖場。
第一鎖場。
武尊山13 (1 - 1DSC_0015)_R
自分もここからの鎖場を楽しみにしてましたが、ここまで長い急登でバテバテ。いつもなら問題ないレベルなのに、と。夜勤明けで来た事をずーと後悔。
武尊山14 (1 - 1DSC_0017)_R

第二鎖場。
武尊山15 (1 - 1DSC_0018)_R
濡れてて滑りますが、とくに難しくないです。

第三の鎖場。
武尊山16 (1 - 1DSC_0019)_R
鎖場くるまで、これくらいの登りありましたけど、鎖はなかったです。

第四の鎖場。
武尊山17 (1 - 1DSC_0020)_R

第五の鎖場。
武尊山18 (1 - 1DSC_0022)_R

第六の鎖場
武尊山19 (1 - 1DSC_0026)_R
見た目、急に見えるやつもありますが、写真で見るより楽勝です。

鎖場を越えると。
山頂が見えてきました~~。
武尊山20 (1 - 1DSC_0028)_R
このあたりから虫の数が急増。

シャクナゲがまだ咲いてました~。
武尊山21 (1 - 1DSC_0029)_R

武尊山(沖武尊)登頂!!
武尊山22 (1 - 1DSC_0035)_R
疲れました(笑)

三角点にタッチ
武尊山23 (1 - 1DSC_0031)_R
中ノ岳、武尊牧場方面。
武尊山24 (1 - 1DSC_0050)_R
尾根と雲がいい感じに綺麗です。
武尊山32 (1 - 1DSC_0048)_R
こちらはまだ雪田が残ってます。

これから向かう剣が峰方面。
武尊山25 (1 - 1DSC_0046)_R
山頂から見る剣ヶ峰は本当にかっこいい~。
アップで。
武尊山26 (1 - 1DSC_0045)_R
シャクナゲも沢山咲いてました。
武尊山27 (1 - 1DSC_0056)_R
至仏山。今年は登るぞ~。
武尊山28 (1 - 1DSC_0053)_R

谷川連峰、草津方面。
武尊山29 (1 - 1DSC_0057)_R
武尊山31 (1 - 1DSC_0060)_R

そしてあまりの眠気で、剣ヶ峰を見ながら、1時間程度仮眠。気持ちよかった~。
武尊山30 (1 - 1DSC_0059)_R

時刻も12時。普段なら下山してる時間。
まだまだ眠いですが、剣ヶ峰に向けて歩き出し。
武尊山33 (1 - 1DSC_0061)_R

急なガレ場。登っていく人が石を落とす落とす(笑)
武尊山34 (1 - 1DSC_0062)_R

この尾根を境に、左はガス。右は晴れ。
武尊山36 (1 - 1DSC_0064)_R
歩いててとても気持ちよいはずの尾根道ですが、とにかく虫が多い。
大きく息を吸うと口に入ります。
武尊山37 (1 - 1DSC_0065)_R
武尊山38 (1 - 1DSC_0068)_R

振り向いて山頂。
武尊山39 (1 - 1DSC_0069)_R
やっぱ結構急な坂を下ってきましたね。

剣ヶ峰との分岐。
武尊山40 (1 - 1DSC_0072)_R
この100mが疲れます。

剣ヶ峰へ最後の岩場を登ります。
武尊山41 (1 - 1DSC_0073)_R

剣ヶ峰到着。
武尊山42 (1 - 1DSC_0074)_R
山頂は狭いので休憩してる人はいませんでした。

武尊山山頂方面。
武尊山43 (1 - 1DSC_0080)_R
結構歩いて来ましたね~。ぬかるみと、虫がいなければ最高なのにな・・

大森林と谷川方面。
武尊山44 (1 - 1DSC_0079)_R
美しすぎる~。絶景。

さて、先ほどの分岐に戻り下山開始です。
ここからが本当の地獄でした。
口コミでも、滑る、急。段差が大きいなどの噂道。
武尊山45 (1 - 1DSC_0083)_R
めちゃくちゃ滑るし、鎖ほしいような落差もある。
そして木の根っこ掴めば、誰かが踏んだ泥が手につき・・。根っこや岩は濡れてて最高にすべるし・・。
結構歩いたな~っと思ってGPS確認しても全然進んでない(笑)
気合で下山。

沢で靴を洗うもすぐに泥だらけ(笑)
武尊山46 (1 - 1DSC_0084)_R
増水してて少し渡るの怖かったです。

ホシガラス発見。
武尊山48 (1 - 1DSC_0085)_R
泣き声がめちゃくちゃうるさいです(笑) でかい鳥でなんか威嚇されてる気分でした。
結構、警戒心低いのか近くまで寄ってきてくれました。

おたまじゃくし。
武尊山49 (1 - 1DSC_0086)_R

やっとやっと下山~~~。前回の富士山と比べられない疲労感。
武尊山51 (1 - 1DSC_0088)_R
勤務終わりで登るような甘い山ではなかったです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

日帰り 富士登山 富士宮ルート

2015.6.24 日帰り富士登山 富士宮ルート

日本百名山、世界遺産。そして日本最高峰の富士山剣ヶ峰に登ってきました。
まだ、山開きしてないので、日帰りしか選択肢にありません。

人生で初の富士登山。山登りしない人でも登りに来るくらいのお山。
なんていったって、日本で一番高い場所ですからねー。
世界遺産にもなったし、何やら新たな規制も検討してるとか。

山開きしたら、平日でも激混みしそうなので、不安もあったけど日帰りで行ってきました。

ルートは一番早く登れて、剣ヶ峰に近い富士宮ルートを選択。

前日も仕事は休みだったけど、雨でどこも行けなかったんで、夕方から就寝して22:00起床。
準備して談合坂SAで夕飯?食べて、2:30に富士宮口五合目に到着。

夜景が綺麗だったんで撮ってみました。
富士登山01 (1 - 1DSC_0003)_R

4:00になると明るくなってきたので準備開始。
富士登山02 (1 - 1DSC_0005)_R

4:30登山開始ー。
富士登山03 (1 - 1DSC_0007)_R
まだ薄暗いですけど登り始めます。

なんとも綺麗に整備され危ないところがない登山道でしょう。
富士登山04 (1 - 1DSC_0008)_R

すぐに六合目。
富士登山05 (1 - 1DSC_0010)_R
山小屋が立ち並びます。

通行禁止の看板が。
富士登山06 (1 - 1DSC_0012)_R
これより先は自己責任ですよ的な事が書いてあります。
わき道から登れました。
ここから宝永山にも行けるようです。

登っていく登山道。
富士登山07 (1 - 1DSC_0013)_R
山頂付近はガスってる??

宝永山方面。空が赤くなってきました。
富士登山08 (1 - 1DSC_0016)_R
もう太陽は出てると思いますが、こちらのルートからはまだ太陽が確認できません・・・。

振り返れば絶景。
富士登山10 (1 - 1DSC_0020)_R
こうやって湾をみると日本地図を上から見てる様です。

朝焼けがとても綺麗でした。
富士登山09 (1 - 1DSC_0014)_R

出ました~。
富士登山11 (1 - 1DSC_0019)_R
一日晴れますようにと。

新七合目着。
富士登山12 (1 - 1DSC_0023)_R

大分明るくなってきました。
富士登山13 (1 - 1DSC_0024)_R

こんな火山地質でも植物って育つんですね!!
富士登山14 (1 - 1DSC_0025)_R

ようやく3000m。
富士登山15 (1 - 1DSC_0026)_R
3000m以上の地を踏むのは、去年登った、乗鞍岳と新婚旅行で行った、スイスのユングフラウヨッホに続いて3場所目。

七合目。
富士登山16 (1 - 1DSC_0027)_R
新七合目とか元祖七合目とか何?嫌がらせですか。。

これが本当の富士山の天然水(笑)
富士登山17 (1 - 1DSC_0028)_R

八合目。
富士登山18 (1 - 1DSC_0029)_R
富士登山19 (1 - 1DSC_0031)_R
先を急ぎます。大分空気が薄くなってるのが分かります。

八合目から残雪が出てきました。
富士登山20 (1 - 1DSC_0032)_R
所々、カチカチのアイスバーンなので注意しました。
爪持ってないんで・・。

???。かなり雪が残ってる。まさか・・
富士登山21 (1 - 1DSC_0035)_R
前日の積乱雲を大量発生させた寒気の影響で7月目前に雪?

九合目。
富士登山22 (1 - 1DSC_0036)_R
富士登山23 (1 - 1DSC_0039)_R
すごい残雪。

鳥居をくぐっていざ山頂へ。
富士登山24 (1 - 1DSC_0040)_R

9.5合目。0.5で刻むな~。
富士登山25 (1 - 1DSC_0042)_R
てか、この雪。予想通り新雪です。後から調べたら、やっぱり前日に降って積もったみたい。
富士登山26 (1 - 1DSC_0043)_R

気がついたら雲がモクモク上昇してきます。本日も上空には寒気が入ってるようなので積乱雲の発生が心配です。
富士登山27 (1 - 1DSC_0044)_R
そんな時、ドーン。と爆発音。こんな早い時間から雷?
と思ったら、自衛隊の砲撃訓練だったみたいです。一安心。山小屋も開いてないし、雷は死ねます。

完全に銀世界。
富士登山28 (1 - 1DSC_0047)_R
山頂まであと少し。と思ってからが長い。空気薄くて息苦しい~~~。

雲ーーー。まだガスらないでねー。
富士登山29 (1 - 1DSC_0049)_R

ガスの隙間から下界が。
富士登山30 (1 - 1DSC_0052)_R

おっ、山頂かな~?
富士登山31 (1 - 1DSC_0053)_R

山頂。浅間大社奥宮に到着!!!!ここまで3時間10分で着。
富士登山32 (1 - 1DSC_0055)_R
コースタイムが5時間10分になってるのでいいペースでした。雪がなければ3時間切れたかも~。残念。

もちろん、山頂で満足せず、日本国内で一番高いところへ行きます。

景色も絶景です。
富士登山33 (1 - 1DSC_0059)_R

大噴火口。迫力満点。
富士登山34 (1 - 1DSC_0068)_R

観測地点?
富士登山35 (1 - 1DSC_0063)_R

剣ヶ峰到着。
富士登山37 (1 - 1DSC_0067)_R
富士登山36 (1 - 1DSC_0064)_R
富士登山39 (1 - 1DSC_0073)_R
富士登山40 (1 - 1DSC_0078)_R
1時間くらい、他の登山客と話したり、ご飯食べたりで休憩タイム。

本当の最高点も踏みましたよ。
富士登山38 (1 - 1DSC_0071)_R

下山開始~。
富士登山43 (1 - 1DSC_0083)_R
雪は下りの方が嫌い・・。
空はドンドンガスってきました・・。一番良い時間帯に登れたのかも。

もうガスガス。
富士登山42 (1 - 1DSC_0082)_R

富士登山45 (1 - 1DSC_0092)_R
山頂方面何も見えない~。

山開きに向けて?登山道の整備してます。
富士登山44 (1 - 1DSC_0090)_R
お疲れ様です!!

無事下山~。時刻は10:30。
富士登山47 (1 - 1DSC_0094)_R

初めての富士登山は山開き前という少し無茶でしたけど、なんとか登頂できました。
平日だったので全部で30人もすれ違ってないと思います。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

荻窪公園(赤城の恵) アジサイの丘

2015.6.18 荻窪公園(赤城の恵) アジサイの丘

梅雨空の中、前橋市の荻窪公園へアジサイ見に行ってきました~。

●周辺地図


道の駅にもなって温泉施設もあるみたいですね。
あじさい08 (1 - 1DSC_0001)_R


雨上がりの後で雰囲気出てて中々よかったですが、雨が降ったり止んだりで、写真撮りづらかったです。

【撮影した写真】
あじさい03 (1 - 1DSC_0011)_R
あじさい02 (1 - 1DSC_0016)_R
あじさい01 (1 - 1DSC_0003)_R
あじさい07 (1 - 1DSC_0020)_R
あじさい06 (1 - 1DSC_0018)_R
あじさい05 (1 - 1DSC_0009)_R
あじさい04 (1 - 1DSC_0006)_R

広ちゃん飯店

2015.6.18 広ちゃん飯店

久しぶりに広ちゃん飯店に行ってきました!!

●周辺地図


11:30に行ったけどすでに満席気味。座敷に合席で。

『メニュー』
a (1 - 1IMG_4958)_R

人気のエビソバをオーダー。
それにランチなのでセットメニューのA.ラーメンセットでミニチャーハンも注文。

数分後。丼。
混雑してるのに早いっ。
広ちゃん飯店 エビそば_R
何回食べてもこれは美味いね~♪
エビが立派です。

ここはチャーハンも美味しいんだよなぁ~。

また行きます。

2015 尾瀬ヶ原 水芭蕉を求めて

2015.6.10 尾瀬国立公園 尾瀬ヶ原

水芭蕉と言えば尾瀬。尾瀬と言えば水芭蕉。
去年、登山始める前に訪れた尾瀬ヶ原。今回はシーズンで一番混雑すると言われている、水芭蕉の時期に来てみました。
2015-6-10 尾瀬ヶ原55 (1 - 1DSC_0092)_R



深夜2:30起床。4:30に駐車場に到着。
●駐車場地図

2015-6-10 尾瀬ヶ原01 (1 - 1DSC_0001)_R
この時期は、平日でもマイカー規制を行っているのでここからバスか乗り合いタクシーに乗り換えます。

4:40のバスに乗っても良かったんですけど、今回は登山じゃないし、まったりハイキングなので6:30発のバスに乗りことに。

準備をして、先にチケットを買いに行ったら、乗り合いタクシーが順次出てるそうなので、少し早いけど5:30に出発。
2015-6-10 尾瀬ヶ原02 (1 - 1DSC_0002)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原03 (1 - 1DSC_0003)_R

車で揺られること15分くらい?鳩待峠に到着。
2015-6-10 尾瀬ヶ原04 (1 - 1DSC_0004)_R

さて、出発します。
2015-6-10 尾瀬ヶ原05 (1 - 1DSC_0005)_R
入り口。
2015-6-10 尾瀬ヶ原06 (1 - 1DSC_0006)_R
登山者カウンターが設置してありました。

木道の最高に整備されてる道を歩いて行きます。
2015-6-10 尾瀬ヶ原07 (1 - 1DSC_0007)_R
登山経験無い人やお年よりもかなり訪れる尾瀬。普通の山じゃありえないくらいしっかり整備されています。
森林浴を楽しみながら標高を下げていきます。

さっそく水芭蕉がお出迎え。
2015-6-10 尾瀬ヶ原08 (1 - 1DSC_0009)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原09 (1 - 1DSC_0010)_R
木道の間から、ハイカーを迎えています。

山の鼻に到着。
2015-6-10 尾瀬ヶ原10 (1 - 1DSC_0011)_R
ここには山荘や売店が数箇所あり、キャンプも出来ます。朝からテント張ってる人がいました。今晩泊まるのかな?
2015-6-10 尾瀬ヶ原13 (1 - 1DSC_0014)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原16 (1 - 1DSC_0017)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原15 (1 - 1DSC_0016)_R

尾瀬ヶ原方面に向かいます。
2015-6-10 尾瀬ヶ原14 (1 - 1DSC_0015)_R

山桜が尾瀬では今頃見ごろです。
2015-6-10 尾瀬ヶ原11 (1 - 1DSC_0012)_R


この辺には沢山の水芭蕉群が咲いていました。とても綺麗です。
2015-6-10 尾瀬ヶ原12 (1 - 1DSC_0013)_R
尾瀬ヶ原の散策開始♪
2015-6-10 尾瀬ヶ原17 (1 - 1DSC_0018)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原18 (1 - 1DSC_0019)_R
雲がまだ厚いです。この後は良い天気になる予報です。

残雪の至仏山かっこよすぎでしょ?
2015-6-10 尾瀬ヶ原20 (1 - 1DSC_0029)_R
今年は絶対に至仏山登る~。できたら草紅葉時期に。

水面に写る、逆さガスガス燧ケ岳。
2015-6-10 尾瀬ヶ原19 (1 - 1DSC_0021)_R
福島方面はまだガスが多い。

尾瀬と言えばこの写真。
2015-6-10 尾瀬ヶ原21 (1 - 1DSC_0035)_R
下ノ大堀川畔。ここの水芭蕉は若干見ごろが過ぎた感じですが、この風景。絶景としかいえません。

池塘に写る雲がかっこいい~。
2015-6-10 尾瀬ヶ原22 (1 - 1DSC_0039)_R

竜宮に到着。ここから水が湧き出てます。
2015-6-10 尾瀬ヶ原23 (1 - 1DSC_0043)_R
すごい透明度の綺麗な水です。
2015-6-10 尾瀬ヶ原25 (1 - 1DSC_0047)_R

水芭蕉も沢山さいてました。
2015-6-10 尾瀬ヶ原24 (1 - 1DSC_0046)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原27 (1 - 1DSC_0050)_R


ちっこい岩魚が沢山泳いでました。
2015-6-10 尾瀬ヶ原26 (1 - 1DSC_0049)_R

竜宮小屋。
2015-6-10 尾瀬ヶ原30 (1 - 1DSC_0055)_R

この付近からキジムシロが多く咲いてました。
2015-6-10 尾瀬ヶ原28 (1 - 1DSC_0052)_R

まだまだ奥に進みます。見晴方面へ。
2015-6-10 尾瀬ヶ原29 (1 - 1DSC_0054)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原31 (1 - 1DSC_0056)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原32 (1 - 1DSC_0057)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原33 (1 - 1DSC_0059)_R

見晴に到着。
2015-6-10 尾瀬ヶ原34 (1 - 1DSC_0060)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原35 (1 - 1DSC_0061)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原36 (1 - 1DSC_0062)_R
この時間くらいから一気に晴れてきました♪

見晴のキャンプ場。
2015-6-10 尾瀬ヶ原37 (1 - 1DSC_0063)_R
当初は一泊二日で嫁さんとここでテント張る予定でしたが、中々天候が安定せず、今回は断念。
星空も絶対綺麗だし、いつか必ず、見晴でキャンプ。その時は、至仏山と燧ケ岳の両方登る計画。

絶景の中、生ビールで喉を潤す。
2015-6-10 尾瀬ヶ原38 (1 - 1DSC_0065)_R
至仏山に向けて乾杯~。
運転する前に仮眠するし、まだ9:00。心配ないです。
最高に美味しかったです。

早いけどご飯タイム。
2015-6-10 尾瀬ヶ原39 (1 - 1DSC_0066)_R
山小屋で何か食べようと思ったけど、どこの山小屋も掃除やらなんやら忙しそうだったので、自炊。カップラーメンとビニ握りですが。

全然疲れてないですけど、一休みして東電小屋方面へ。
2015-6-10 尾瀬ヶ原42 (1 - 1DSC_0069)_R

この辺はお花畑でした♪
2015-6-10 尾瀬ヶ原40 (1 - 1DSC_0067)_R
キジムシロと水芭蕉が沢山。
2015-6-10 尾瀬ヶ原41 (1 - 1DSC_0068)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原50 (1 - 1DSC_0081)_R

ボッカさん。
2015-6-10 尾瀬ヶ原48 (1 - 1DSC_0078)_R
すごい荷物だなぁ~。

東電小屋に向けて先に進みます。
2015-6-10 尾瀬ヶ原43 (1 - 1DSC_0070)_R
後ろを振り返り燧ケ岳。

只見川を渡ります。
2015-6-10 尾瀬ヶ原45 (1 - 1DSC_0073)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原46 (1 - 1DSC_0074)_R

東電小屋到着。
2015-6-10 尾瀬ヶ原49 (1 - 1DSC_0080)_R
トイレを借りて出発。
竜宮まで戻ります。
2015-6-10 尾瀬ヶ原52 (1 - 1DSC_0085)_R

この辺は、熊の目撃が多いみたいで、鐘が設置してありました。
2015-6-10 尾瀬ヶ原51 (1 - 1DSC_0082)_R

来るときより晴れてるので、同じところでも写真取り直しながら鳩待峠へ向かいました。
2015-6-10 尾瀬ヶ原53 (1 - 1DSC_0087)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原54 (1 - 1DSC_0090)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原56 (1 - 1DSC_0105)_R
2015-6-10 尾瀬ヶ原55 (1 - 1DSC_0092)_R

ヘリで荷物運んでますね。
2015-6-10 尾瀬ヶ原57 (1 - 1DSC_0101)_R

なんちゃって、逆さ至仏山。
2015-6-10 尾瀬ヶ原58 (1 - 1DSC_0107)_R

鳩待峠へ戻り、帰りもタクシーで駐車場まで。

この時期なんで平日でも多くの人でにぎわってました。
最高の絶景をありがと~。また、来るね尾瀬。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ハセ

Author:ハセ
趣味:【スノーボード】【登山】【カメラ】【旅行】これらの内容中心にブログ書いて行こうと思います。よければ覗いていってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
05 ≪│2015/06│≫ 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
来場者