赤城山 外輪山日帰り縦走

2015.5.30 赤城山 外輪山日帰り縦走
日本百名山、日本百景、上毛三山の「赤城山」。
赤城山とは複成火山で、複数の山頂の総称です。
最高峰は、黒檜山で標高1,828 m。去年、晩秋に駒ケ岳~黒檜山~地蔵岳は登りました。
今回は赤城山を縦走してきました。

ルートは、星の観察でよく利用している新坂平駐車場から鍬柄山⇒鈴ヶ岳⇒出張山⇒薬師岳⇒陣笠山⇒黒檜山⇒駒ヶ岳⇒
小地蔵岳⇒長七郎山⇒地蔵岳⇒新坂平駐車場。計10のピークを踏んできました。
地図では11時間30分のコースタイムになってるルートです。



毎日見るくらい近い山なので、今回は車中仮眠では無く、早朝出発。
2時起床で、朝ごはん食べたり、コンビニ寄ったりで登り始めは5:30。


新坂平駐車場に駐車し、登山開始。
土曜なので、こんな朝早くから観光客が結構います。
2015-5-30赤城山縦走01 (1 - 1DSC_0001)_R
レンゲツツジの群集がとても綺麗です。朝焼けとツツジ狙い?で結構カメラマンがいました。

朝モヤと牧場のツツジ郡が綺麗でした。
2015-5-30赤城山縦走02 (1 - 1DSC_0002)_R

すぐに、姥子岳に到着。
2015-5-30赤城山縦走03 (1 - 1DSC_0003)_R
スパッツ持って無いことが大失敗。。。 前日の雨で笹からの雫で、すでに靴の中までビッチョビチョ・・・。
こんな調子で縦走できるのか心配になってきました。

最初のピーク。鍬柄山に到着。
2015-5-30赤城山縦走07 (1 - 1DSC_0007)_R

鍬柄山からの展望。
2015-5-30赤城山縦走04 (1 - 1DSC_0004)_R
2015-5-30赤城山縦走05 (1 - 1DSC_0005)_R
中々綺麗です。前橋、高崎方面が綺麗に見えます。

ズームして群馬県庁。
2015-5-30赤城山縦走06 (1 - 1DSC_0006)_R
もっと展望を見ていたいですが、時間が惜しいので先に進みます。

鈴ヶ岳との分岐。
2015-5-30赤城山縦走08 (1 - 1DSC_0008)_R
ここは鈴ヶ岳行って、ピストンになります。

多少の岩登りが出てきます。
2015-5-30赤城山縦走09 (1 - 1DSC_0009)_R
特に難しくは無いので楽勝です。

鈴ヶ岳到着。
2015-5-30赤城山縦走10 (1 - 1DSC_0011)_R
特に綺麗な展望も無く、がっかりです・・・。

先ほどの分岐まで戻り、キャンプ場、深山方面に向かいます。

あまりずっといたくは無い、暗い樹林帯で少し気味わるかったです。
2015-5-30赤城山縦走12 (1 - 1DSC_0016)_R
かっこいい切り株発見!!!
2015-5-30赤城山縦走13 (1 - 1DSC_0017)_R

分岐地点。大沼方面に向かいます。
ここまで大分標高下げてきました。
2015-5-30赤城山縦走14 (1 - 1DSC_0018)_R

だんだんと日差しも森の中に差し込んできて明るくなってきました。
2015-5-30赤城山縦走15 (1 - 1DSC_0019)_R
2015-5-30赤城山縦走17 (1 - 1DSC_0022)_R
木から差し込む光が幻想的でとても美しかったです。

川も渡ります。
2015-5-30赤城山縦走16 (1 - 1DSC_0021)_R
自然の空気が美味しいです。

平坦の道からまた大沼方面へ登りになります。
きつい階段を登ってるとツツジがお出迎え。
2015-5-30赤城山縦走18 (1 - 1DSC_0024)_R
2015-5-30赤城山縦走19 (1 - 1DSC_0025)_R
この時期の赤城山にはツツジ目的で登山に来る方もたくさんいるみたいです。

出張山との分岐。
2015-5-30赤城山縦走20 (1 - 1DSC_0026)_R

見事。
2015-5-30赤城山縦走21 (1 - 1DSC_0028)_R

花を楽しみながら歩いてると、出張山に到着。
2015-5-30赤城山縦走22 (1 - 1DSC_0029)_R
出張山からの展望。
2015-5-30赤城山縦走23 (1 - 1DSC_0030)_R
かわいい花も咲いてました。
2015-5-30赤城山縦走24 (1 - 1DSC_0031)_R
名前はなんて言うんでしょうね?

薬師岳との分岐。
2015-5-30赤城山縦走25 (1 - 1DSC_0032)_R

気持ちよい道を進んでいきます。
2015-5-30赤城山縦走26 (1 - 1DSC_0033)_R
緩やかで平坦気味なので筋肉の休息ポイントですね。

薬師岳到着。
2015-5-30赤城山縦走27 (1 - 1DSC_0034)_R
2015-5-30赤城山縦走28 (1 - 1DSC_0035)_R
特に展望などは無いので先を急ぎます。
2015-5-30赤城山縦走29 (1 - 1DSC_0036)_R

陣笠岳に到着。
2015-5-30赤城山縦走30 (1 - 1DSC_0037)_R
周りには山ツツジがいっぱい咲いてました!!
2015-5-30赤城山縦走31 (1 - 1DSC_0038)_R

次の目的地の赤城山最高峰の黒檜山が見えます。
2015-5-30赤城山縦走32 (1 - 1DSC_0039)_R

五輪峠方向へ進むと、草刈してないのか、藪漕ぎ状態。。。
2015-5-30赤城山縦走33 (1 - 1DSC_0040)_R
せっかく乾いてきた、靴やズボンがまたビッチョビチョ・・。

やっとの思いで、車道へ合流。
2015-5-30赤城山縦走34 (1 - 1DSC_0041)_R
ここから黒檜山登山口に向かいます。
意外と距離ありました。

ここまで登山客には1人もあってませんでしたが、黒檜山登山口には沢山の人が。
2015-5-30赤城山縦走35 (1 - 1DSC_0042)_R
こういう総称の山は最高峰を登るとその山を登ったことになるんでしょうかね?
とにかく混んでました。

しかしここまで10kmの上り下りで結構疲れてきてる中、黒檜山への急坂は結構しんどかったです。
2015-5-30赤城山縦走37 (1 - 1DSC_0044)_R
ベテランそうな集団にペースを引っ張ってもらいました。
そして、数人にびしょ濡れの事を聞かれて恥ずかしかったです。

途中、展望が良い所で大沼撮ってみました。
2015-5-30赤城山縦走36 (1 - 1DSC_0043)_R

黒檜山到着。
2015-5-30赤城山縦走39 (1 - 1DSC_0046)_R

展望台からの景色。
2015-5-30赤城山縦走40 (1 - 1DSC_0051)_R
2015-5-30赤城山縦走42 (1 - 1DSC_0049)_R
苗場山、谷川岳方面。まだまだ雪かぶってますね。

たんばら方面。
2015-5-30赤城山縦走41 (1 - 1DSC_0052)_R

ここで、軽くご飯。
そして、下山。駒ケ岳に向かいます。
2015-5-30赤城山縦走43 (1 - 1DSC_0053)_R

怪しげな雲が出てきました。本日、地上では5月なのに真夏日、猛暑日手前。
積乱雲が発生しそうな予感がしたので足を速めます。
2015-5-30赤城山縦走44 (1 - 1DSC_0055)_R

駒ケ岳到着。
2015-5-30赤城山縦走45 (1 - 1DSC_0056)_R

ここから一気に下山したいところですが、中々の混雑でペースがあがらず・・。大分時間ロスしました。
土曜日なので仕方ないですね。

次の目的地。
2015-5-30赤城山縦走46 (1 - 1DSC_0057)_R
小沼って結構標高の高い所にあるんですね。

手すりつきなので、一気に駆け下ります。
2015-5-30赤城山縦走47 (1 - 1DSC_0058)_R

駒ケ岳登山口に下山。
2015-5-30赤城山縦走48 (1 - 1DSC_0059)_R

ここから少し車道を歩き、ヒジターセンター前で休憩。
2015-5-30赤城山縦走49 (1 - 1DSC_0060)_R
自動販売機で冷たい水を買い一気飲み。
2015-5-30赤城山縦走50 (1 - 1DSC_0061)_R

覚満淵へ入ります。
2015-5-30赤城山縦走51 (1 - 1DSC_0062)_R
ミニ尾瀬って言われてるところですね。

シカよけネットをくぐり。
2015-5-30赤城山縦走52 (1 - 1DSC_0063)_R

水少なっっ!!!
2015-5-30赤城山縦走53 (1 - 1DSC_0066)_R

カモが気持ち良さそうに泳いでいました。
2015-5-30赤城山縦走54 (1 - 1DSC_0069)_R

これは桜?
2015-5-30赤城山縦走55 (1 - 1DSC_0070)_R
綺麗に咲いてたんで撮ってみました。

覚満淵、紅葉の時にまた来てみたいですね。

鳥居峠に到着。
2015-5-30赤城山縦走56 (1 - 1DSC_0071)_R
ラーメンなどの美味しそうなノボリが・・。食べて行こうか迷いましたが、食料もまだあるし、先に進みます。

長七郎山の登山口。
2015-5-30赤城山縦走57 (1 - 1DSC_0072)_R
ここから登ります。

しばらく樹林帯を登ると、分岐。
2015-5-30赤城山縦走59 (1 - 1DSC_0074)_R
まずは小地蔵岳に向かいます。

小地蔵岳に到着。
2015-5-30赤城山縦走58 (1 - 1DSC_0073)_R
何もなくてびっくり。お地蔵さんは?

分岐まで戻り、
2015-5-30赤城山縦走60 (1 - 1DSC_0075)_R
綺麗な道を歩き、しばらく登ると。

長七郎山へ到着。
2015-5-30赤城山縦走61 (1 - 1DSC_0076)_R
鳥居峠からここまでの登山道はハイキングレベルですが、すでに疲労困憊。

長七郎山からの展望。
2015-5-30赤城山縦走63 (1 - 1DSC_0079)_R
関東平野が綺麗にみえます。が、ガスが出てきてちょっとモヤってます。

最後のピークの地蔵岳が見えます。
2015-5-30赤城山縦走62 (1 - 1DSC_0077)_R
ここから地蔵岳登山口まで意外に距離あるように感じました。疲れてるからかな?

長七郎山から小沼への下り。
2015-5-30赤城山縦走64 (1 - 1DSC_0080)_R
ん?なにかの広い所!!!
2015-5-30赤城山縦走65 (1 - 1DSC_0081)_R

小沼に到着。
2015-5-30赤城山縦走66 (1 - 1DSC_0083)_R
湖畔を歩いて、登山口へ向かいます。

また少し車道歩き。
2015-5-30赤城山縦走67 (1 - 1DSC_0084)_R

地蔵岳登山口に到着。
2015-5-30赤城山縦走68 (1 - 1DSC_0085)_R
また階段。。それも天に伸びるような・・。
前回の地蔵岳登った時は、崩壊が進み歩きにくいって書いてある登山道のピストンだったので、綺麗に整備されてるこのルートは登りやすそうだけど、身体中が重い・・。
ここで、残ってた食料を消化して、最後のピークへ。

振り向いて小沼。と歩いてきた山々。
2015-5-30赤城山縦走67 (1 - 1DSC_0086)_R

まだまだ階段・・。
2015-5-30赤城山縦走68 (1 - 1DSC_0087)_R
足が崩壊しそう・・。

頂上が見えてきました。
2015-5-30赤城山縦走69 (1 - 1DSC_0088)_R
もうもう一踏ん張り。

地蔵岳到着。
2015-5-30赤城山縦走70 (1 - 1DSC_0093)_R

地蔵岳から見下ろす大沼。
2015-5-30赤城山縦走72 (1 - 1DSC_0091)_R

お地蔵さん。
2015-5-30赤城山縦走73 (1 - 1DSC_0092)_R

テレビ局のアンテナ群。
2015-5-30赤城山縦走71 (1 - 1DSC_0090)_R

関東平野。
2015-5-30赤城山縦走74 (1 - 1DSC_0094)_R
夜景だったらすごく綺麗だと思います。

新坂平駐車場に下山開始。
2015-5-30赤城山縦走75 (1 - 1DSC_0095)_R

最後の下りがガレ場。。
2015-5-30赤城山縦走76 (1 - 1DSC_0096)_R

最後の分岐。
2015-5-30赤城山縦走77 (1 - 1DSC_0097)_R
いろんなルートがあるんですね。赤城山。

到着。
2015-5-30赤城山縦走78 (1 - 1DSC_0098)_R
トータルタイム 9時間45分。
コースタイムが11時間30分なので、合格範囲内?
かなり疲れました。
服は汚れ、顔は汗が蒸発して塩だらけ。

地蔵岳を振り返ります。
2015-5-30赤城山縦走79 (1 - 1DSC_0099)_R

初めて、1日で20kmの登山。かなり疲れました。
アップダウンというか、ピークから登山口に下山して、また違う山に登る。
精神的にも結構疲れた山行でした。

夏か秋に、日帰りで20kmオーバーの縦走したいルートがあるので体力作り頑張ります。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

四阿山~根子岳 縦走登山

2015.5.25 四阿山~根子岳 縦走登山
日本百名山「四阿山」と「根子岳」を縦走してきました。四阿山は標高2354mの成層火山です。


ルートは、菅平牧場⇒四阿山⇒根子岳⇒菅平牧場で登りました。

今回の四阿山はピークは群馬県らしいので、群馬県民らしく嬬恋方面から登ろうかと思いましたが、根子岳も一緒に登るのをオススメされ、今回のルートとなりました。




夜、菅平牧場の駐車場に到着。
車中泊してから登ります。
あんまり期待はしてなかったけど、思ってたよりずーと、星が綺麗!
持ってくるか迷ったけど、三脚を車に積んでたので、寝る前に少し撮影タイム。

毎度の天の川だけど、今回は彦星(アルタイル)と織姫(ベガ)を撮ってみました。
2015-5-25 四阿山59 (1 - 1DSC_0007)_R
夏の大三角がとても綺麗です。七夕は梅雨前線と月灯りの影響で毎年絶望的なので今のうちに(笑)

撮影してると1台の車が入ってきて、テント建てて始めたんで、撮影終了。

夜が明け、5:00起床。
2015-5-25 四阿山01 (1 - 1DSC_0009)_R
菅平牧場の駐車場。料金は帰りに支払いました。

準備をして6:00前くらいに出発。
登山届けを記入し、最初は四阿山目指します。
2015-5-25 四阿山02 (1 - 1DSC_0010)_R

牧場横の舗装道を少し歩くと、四阿山の登山口があります。
2015-5-25 四阿山03 (1 - 1DSC_0012)_R
しばらくは牧場沿いに登っていきます(牧場と登山道は有刺鉄線で仕切られています)。

あっ、キツネ~!!
2015-5-25 四阿山04 (1 - 1DSC_0014)_R
最初は柴犬かと思いました(笑)

綺麗に整備されてる道を進んで行きます。
2015-5-25 四阿山05 (1 - 1DSC_0015)_R
2015-5-25 四阿山06 (1 - 1DSC_0016)_R

沢を渡ります。
2015-5-25 四阿山07 (1 - 1DSC_0020)_R
特に危険では無いです。

どんどん登って行きます。野鳥が多いのか、泣き声が沢山聞こえます!
沢に野鳥に、新緑。気持ちよい森林浴でした。
2015-5-25 四阿山08 (1 - 1DSC_0022)_R
2015-5-25 四阿山09 (1 - 1DSC_0023)_R
傾斜もきつくないので歩いていて気持ちよかったです。

ガンバ石。
2015-5-25 四阿山10 (1 - 1DSC_0029)_R
こんな所に応援メッセージが(笑)逆にやる気出ません(笑)

稜線に出ました。
2015-5-25 四阿山11 (1 - 1DSC_0030)_R
展望も良く中々楽しい登山コースです。

後に登る、根子岳が見えてきました。
2015-5-25 四阿山15 (1 - 1DSC_0033)_R
緑でとても綺麗な山です。
空はひつじ雲で覆われていました。

四阿高原との分岐。
2015-5-25 四阿山16 (1 - 1DSC_0035)_R

やがて森林限界になりました。
2015-5-25 四阿山17 (1 - 1DSC_0036)_R

登ってきた稜線を振り返ります。
2015-5-25 四阿山18 (1 - 1DSC_0038)_R

雪が現れました。
2015-5-25 四阿山19 (1 - 1DSC_0040)_R
2015-5-25 四阿山20 (1 - 1DSC_0041)_R
ここはあわてず、ピンクリボンを確認しながらゆっくり登ります。

山頂が奥に見えてきました~♪
2015-5-25 四阿山22 (1 - 1DSC_0043)_R
もう少し!!

っと思ってたらまた雪~。
2015-5-25 四阿山23 (1 - 1DSC_0044)_R
斜度無いんで、特に危なくはなかったです。

鳥が気持ち良さそうに鳴いていました♪
2015-5-25 四阿山24 (1 - 1DSC_0047)_R
何の鳥でしょうか?調べたんですけど分からなかったです・・。

根子岳への分岐。
2015-5-25 四阿山25 (1 - 1DSC_0048)_R
まずは四阿山の山頂に行ってからこちらに向かいます。

また雪~。結構残ってるものですね~。
2015-5-25 四阿山26 (1 - 1DSC_0050)_R

山頂へのラストスパート。
2015-5-25 四阿山27 (1 - 1DSC_0089)_R
階段ってあんまり好きじゃ無いけど、意外に登りやすい階段でした。

四阿山登頂~~!2354m。
2015-5-25 四阿山28 (1 - 1DSC_0068)_R
とりあえず、記念撮影。後ろの、羊雲空も綺麗です!!

早めの昼食。
新しく、ヤカン形のケトル買いました~。
2015-5-25 四阿山29 (1 - 1DSC_0071)_R
お湯沸かしてる時に、虫入ったりしなくて便利です。

自分は鍋焼きうどんを用意。
2015-5-25 四阿山30 (1 - 1DSC_0076)_R
2015-5-25 四阿山31 (1 - 1DSC_0077)_R
山で食べるアツアツのうどん。最高ですね~。

山頂からの展望。
浅間山方面。
2015-5-25 四阿山33 (1 - 1DSC_0084)_R

嬬恋の登山道方面。
2015-5-25 四阿山34 (1 - 1DSC_0087)_R

青空がとても青い!!!!
2015-5-25 四阿山32 (1 - 1DSC_0083)_R


食事を済ませ、展望見ながら休憩もそこそこにして、根子岳に向かいます。

樹林帯でコルまで標高を下げます。
2015-5-25 四阿山36 (1 - 1DSC_0091)_R

結構な急坂に雪が沢山ありました。
2015-5-25 四阿山35 (1 - 1DSC_0090)_R
気をつけないと、結構危ない感じしました。
嫁さんが一回、スノー滑り台した時はヒヤっとしました・・。

コルに到着。
2015-5-25 四阿山37 (1 - 1DSC_0096)_R
絶景!!!!
めちゃくちゃ綺麗でした。とりあえず、ザック降ろしてこの風景を楽しみました~♪
とても気持ちよい場所でした。

根子岳山頂に向けて出発。
2015-5-25 四阿山38 (1 - 1DSC_0102)_R
途中、四阿山を振り返る。
カッコイイです♪

山頂方面をパリャリ。
2015-5-25 四阿山39 (1 - 1DSC_0107)_R

岩が増えてきました。
2015-5-25 四阿山41 (1 - 1DSC_0109)_R

なんかお決まりですが、撮ってみました。
2015-5-25 四阿山42 (1 - 1DSC_0112)_R
下は奈落の底です・・・。

迷いようが無いところで江頭登場。
2015-5-25 四阿山43 (1 - 1DSC_0114)_R
エガちゃん若いなぁ(笑)

大きな岩の隙間を進みます。
2015-5-25 四阿山44 (1 - 1DSC_0115)_R

根子岳登頂。2207m ウメバチソウが有名で花の百名山でもあるみたいですね。 
2015-5-25 四阿山47 (1 - 1DSC_0118)_R
気持ち良い登りで全然疲れ感じずに登ることが出来ました♪

ネコ岳。漢字は違うけど、なんか可愛い名前の山。奥にはコネコ岳もあります♪

とりあえず鳴らす嫁さん。
2015-5-25 四阿山48 (1 - 1DSC_0119)_R

気象観測機が有りました。
2015-5-25 四阿山49 (1 - 1DSC_0120)_R

四阿山方面。
2015-5-25 四阿山50 (1 - 1DSC_0122)_R

少し休憩して、下山開始。
2015-5-25 四阿山51 (1 - 1DSC_0123)_R
この辺、って四阿山もそうだけど、ウグイスがもの凄く多く感じました。ホーホケキョばかり(笑)

菅平牧場に下山。
2015-5-25 四阿山54 (1 - 1DSC_0131)_R
2015-5-25 四阿山55 (1 - 1DSC_0132)_R
下山おめでとうって、蝶が舞ってました!!??♪

疲れた身体に牧場ソフト、うんまっ♪
2015-5-25 四阿山58 (1 - 1DSC_0138)_R
疲れが取れますねっ。

牧場で飼育してるうさぎとも遊びました。
2015-5-25 四阿山57 (1 - 1DSC_0136)_R
可愛い~~。垂れ耳!!

四阿山、根子岳。両方ともすばらしい山でした。また来る可能性大ですね~♪
夏花の季節や紅葉時に!

今回見て撮ったお花達
2015-5-25 四阿山52 (1 - 1DSC_0126)_R
2015-5-25 四阿山45 (1 - 1DSC_0116)_R
2015-5-25 四阿山56 (1 - 1DSC_0133)_R
2015-5-25 四阿山53 (1 - 1DSC_0128)_R
2015-5-25 四阿山12 (1 - 1DSC_0024)_R
2015-5-25 四阿山40 (1 - 1DSC_0108)_R
2015-5-25 四阿山21 (1 - 1DSC_0042)_R
2015-5-25 四阿山14 (1 - 1DSC_0032)_R
2015-5-25 四阿山13 (1 - 1DSC_0026)_R

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

今回でやっと百名山10座目です。八月で登山始めて1年。もう少し色んな山登りたいです。

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

那須岳(朝日岳・三本槍岳・茶臼岳) 日帰り登山

2015.5.18 那須岳(朝日岳・三本槍岳・茶臼岳) 日帰り登山
日本百名山「那須岳」に登ってきました。標高1917m(那須岳最高峰:三本槍岳)

去年から気になってた山で、今年は雪もほとんど溶けたみたいなので行ってきました。



前日は残業で帰宅は20:00。急いで準備して那須へ向かいました。
18日は午後から天気が悪く、強風も吹くとの予報だったので、午前中に下山できればと思い、日の出前から登る事に。

途中でご飯食べたりなんだかんだで、那須ロープーウェイ乗り場の駐車場に0:30到着。
3:30起きなんで3時間しか寝れない・・。寝酒にビール買ってきたのに飲めず。。。
睡眠導入薬飲んで、強制適に睡眠Zzz。

3:30起床。天気は少し雲が多いけどまぁまぁの天気。
2015-5-18 那須岳01 (1 - 1DSC_0001)_R
薄暗い中、準備を始めます。
そして登山開始。
最初は峰の茶屋跡を目指して登ります。

4:30くらい?途中でご来光。日の出が早くなりましたね~。
雲取山で日の出見たときは5:00くらいだったので30分くらい早くなってますね。
2015-5-18 那須岳02 (1 - 1DSC_0002)_R

峠の茶屋
2015-5-18 那須岳03 (1 - 1DSC_0003)_R

登山届けを記入して投函。
2015-5-18 那須岳04 (1 - 1DSC_0004)_R

ここからが登山口になります。
2015-5-18 那須岳05 (1 - 1DSC_0005)_R
綺麗に整備されてる登山道ですね。

少し登ると岩がごろごろしてきました。
2015-5-18 那須岳06 (1 - 1DSC_0006)_R
でも歩きやすいです。

茶臼岳が見えてきました~。
2015-5-18 那須岳07 (1 - 1DSC_0007)_R
火山って感じですね~。

噴煙が凄い音で聞こえるとのことなんで耳をすましてみると確かに、「ゴォー」って凄い音がしてます。
2015-5-18 那須岳09 (1 - 1DSC_0009)_R

茶臼岳方面を見て見ると。
2015-5-18 那須岳11 (1 - 1DSC_0011)_R
勢いよく、噴煙が噴き出てます。凄い量です。

登り始めて1時間もしないうちに峰茶屋跡に到着。
2015-5-18 那須岳10 (1 - 1DSC_0010)_R

まずは、朝日岳を目指します。
2015-5-18 那須岳08 (1 - 1DSC_0008)_R



2015-5-18 那須岳12 (1 - 1DSC_0012)_R
後でまたここに戻ってきて、茶臼岳に登ります。

雪渓トラバース。
2015-5-18 那須岳13 (1 - 1DSC_0014)_R
足を滑らしたら奈落の底ですね~。
毎年ここで滑落してる人がいるみたいです。
GWの連休中も1人落ちたとか?無事だったみたいですけど。

ここから朝日岳までは岩場が続きます。
2015-5-18 那須岳14 (1 - 1DSC_0017)_R
2015-5-18 那須岳16 (1 - 1DSC_0020)_R
2015-5-18 那須岳17 (1 - 1DSC_0021)_R
足を滑らしたらヤバイ所もあるけど、そんなに危険ではなかったです。
2015-5-18 那須岳18 (1 - 1DSC_0022)_R
滑落防止の為、整備等もされてます。

途中振り返り、茶臼岳。
2015-5-18 那須岳15 (1 - 1DSC_0019)_R
青空とのコラボがとても美しいです。

分岐に到着。
2015-5-18 那須岳19 (1 - 1DSC_0023)_R
2015-5-18 那須岳20 (1 - 1DSC_0024)_R
朝日岳目指します。

峰茶屋跡から登ってきた稜線を眺めます。
2015-5-18 那須岳21 (1 - 1DSC_0033)_R

分岐からすぐに朝日岳山頂に着きました。
2015-5-18 那須岳22 (1 - 1DSC_0034)_R
標高は1896m。展望がすばらしいですね~。
茶臼方面。
2015-5-18 那須岳23 (1 - 1DSC_0025)_R

ミニ鳥居が置いてありました。
2015-5-18 那須岳24 (1 - 1DSC_0030)_R
誰かが作ったのかな?かわいい♪

ここで、朝飯。
2015-5-18 那須岳25 (1 - 1DSC_0032)_R
毎度のカレーパン。元気が沸いてきます。

次は、那須岳の最高峰、三本槍岳を目指します。
2015-5-18 那須岳27 (1 - 1DSC_0035)_R
三本槍方面に向かう稜線。

熊見曽根分岐。
2015-5-18 那須岳26 (1 - 1DSC_0037)_R
清水平へと向かいます。

途中から木道になり、プチ湿原?
2015-5-18 那須岳28 (1 - 1DSC_0042)_R
池塘が見えます。
2015-5-18 那須岳29 (1 - 1DSC_0043)_R

清水平から見える朝日岳。
2015-5-18 那須岳30 (1 - 1DSC_0045)_R
ちょこんと顔を出してます。

この辺は山桜が咲いてました~♪
2015-5-18 那須岳31 (1 - 1DSC_0048)_R
とても綺麗です。

北温泉分岐。
2015-5-18 那須岳32 (1 - 1DSC_0050)_R
那須岳っていろんなコースがあるんですね~。北温泉方面は、藪が凄い事になってましたけど・・。

三本槍岳登頂。
2015-5-18 那須岳33 (1 - 1DSC_0051)_R
標高1917m。那須岳では一番高いピークになります。

三角点。
2015-5-18 那須岳34 (1 - 1DSC_0053)_R
一応タッチしておきました♪

山頂からの展望。
2015-5-18 那須岳35 (1 - 1DSC_0054)_R
何ていう山なんでしょうか?
稜線が綺麗です。

ここで急に風が強くなってきました~。予報どおり、雲もモクモク沸いてきました。
急いで戻ることに。

岩場あたりまで戻ってきました。
2015-5-18 那須岳36 (1 - 1DSC_0059)_R
風が強く、身体がよろけて谷に落ちないように注意しました。
かなりの強風です。

峰茶屋跡まで戻ってきて、昼?ご飯。
2015-5-18 那須岳37 (1 - 1DSC_0060)_R
パンに続いてカップメンもカレー。なんでこれにしたのだろうか・・?
風が来ない所でお湯を沸かし、「いただきます」。
山で食べるラーメンは毎回美味い!!間違いない。

ご飯休憩もそこそこにして、荒れる前に茶臼岳に向かいます。
2015-5-18 那須岳38 (1 - 1DSC_0064)_R
生き物が生きられない死の山って感じです。

ズームで火山ガスの噴出し。
2015-5-18 那須岳39 (1 - 1DSC_0068)_R
毒ガスが近くで噴き出てます。
2015-5-18 那須岳52 (1 - 1DSC_0069)_R

山頂に向かう前に、茶臼岳をぐるりと回りました。

無間地獄。
2015-5-18 那須岳40 (1 - 1DSC_0071)_R
登山道近くで大量の火山ガスが噴き出てます。通過する際、かなりの刺激臭でした。
風向きで、ガスに巻かれました・・。臭い(笑)

牛ヶ首に到着。
2015-5-18 那須岳42 (1 - 1DSC_0075)_R
ここからも違う山への分岐がありました。

牛ヶ首で歩いてきた道と茶臼岳を振り返る。
2015-5-18 那須岳41 (1 - 1DSC_0074)_R

ロープウェイ山頂駅方面へ向かいます。
2015-5-18 那須岳43 (1 - 1DSC_0076)_R
綺麗な道ですね。

ロープウェイ山頂駅と茶臼岳分岐。
2015-5-18 那須岳44 (1 - 1DSC_0089)_R
ここには観光客も沢山いました。登山装備も持たず、茶臼岳に登ろうとしている人が沢山いましたが、あまりにも強い風で諦めてました。

最後のピークに向けて頑張って登ります。
2015-5-18 那須岳45 (1 - 1DSC_0086)_R
風で小石や砂が顔面に飛んできて痛いです・・・。
風が強くて息がしずらく苦しい・・・。

なんとか登頂。
2015-5-18 那須岳46 (1 - 1DSC_0082)_R
2015-5-18 那須岳47 (1 - 1DSC_0079)_R
茶臼岳登頂。標高1915m。

山頂付近から朝日岳を望む。
2015-5-18 那須岳48 (1 - 1DSC_0085)_R

風でかなりの体力を消耗したので、ロープウェイで下山する事に。
2015-5-18 那須岳49 (1 - 1DSC_0090)_R
無理して低体温症で動けなくなってもヤバイのでね。

下山後は、近くの大丸温泉へ。
ここの露天風呂面白くて、川が流れてるような温泉で楽しかった~♪
ちなみに混浴です。
2015-5-18 那須岳50 (1 - 1IMG_4930)_R

途中、ラーメン食べて帰宅~。
2015-5-18 那須岳51 (1 - 1IMG_4931)_R

那須岳とても良い山でした~!
また機会があれば登りたい山です。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

野反湖に天の川と満天の星空を求めに・・・。タイムラプスにも挑戦

2015.5.13~14 野反湖 星空鑑賞
群馬県吾妻郡の野反湖に星空求め行ってきました。
訪れるのは何度目でしょうか?満天の星空、天の川を見たいって時は必ずここに来てます。
深夜時間の星の見え方は一級品ではないでしょうか?
群馬県と長野県と新潟県の県境にある人工湖です。

●周辺地図


夜の7時に高崎を出発して、9時過ぎに到着。
途中、六合で飲酒検問してました。車通りなんてほとんど無いのに・・。

野反湖展望案内所の駐車場に到着。
2015-5-13 野反湖05 (1 - 1DSC_0001)_R
ここは、200名山でもある『白砂山』の登山口でもあります。去年、初秋に登りました~♪

とりあえず、星と車を撮ってみる。
2015-5-13 野反湖03 (1 - 1DSC_0002)_R
北東方面は、光害も少なく綺麗な星空。

さて、天の川は??
2015-5-13 野反湖04 (1 - 1DSC_0003)_R
全然見えなーい。まだ登ってきてないです。
南の空は草津?群馬都市部の影響で光害の影響でかなり明るいです。
でも、この光が静まる夜中は満天の星空になる事を自分は知ってます♪

1時間程、北の夜空を眺めたりして暇潰しとしてると、やっと見えてきた~。まだ光害でうっすらだけど、カメラはそれなりに捕らえます。
2015-5-13 野反湖06 (1 - 1DSC_0004)_R
18mm 30sec f3.5 ISO3200

大分綺麗に見えてきました~♪
2015-5-13 野反湖02 (1 - 1DSC_0014)_R
18mm 25sec f3.5 ISO3200
ソフトフィルターで一等星を大きめに表現。


一眼レフ購入してカメラを始めて、丁度一年。そろそろ新しいことにもチャレンジします。
タイムラスプに挑戦してみました~。微速度撮影ってやつですかね~?

今回は天の川で撮影してみました。

インターバルは18sec で撮影開始。
撮ること、704枚。
動画にして見ました~



上手い人に比べるとダメダメですが、なんとか見れる物にはなったと思います。

流れ星沢山で綺麗だったなぁ~♪
2015-5-13 野反湖07 (1 - 1DSC_0377)_R



また星空が期待できるときに来たいですね。
もっとカメラの技術磨きます♪

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 星の写真
ジャンル : 写真

14-15season 終了

2015.5.7 かぐらスキー場 14-15season 終了

14-15season ラストランでかぐらスキー場行ってきました~。

GW明けなんで人は少なめです。

みつまたエリア。
かぐら08 (1 - 1IMG_4914)_R
連絡コースで滑走はかぐらエリアでお願いしますとの事。

かぐらエリア
かぐら01 (1 - 1IMG_4916)_R
まだ結構雪ありますね。
この時期の為に頑張ってくれてる従業員さんに感謝ですね。

パーク
かぐら02 (1 - 1IMG_4918)_R

苗場に置いてあったブランコがありました(笑)
座る嫁。
かぐら03 (1 - 1IMG_4917)_R

思ったより板が走り、パーク入ったり、コブでコブコブしたり、地形でフロントフリップやりまくったり!
この時期にしては大変楽しめました♪

来シーズンのかぐらは、みつまたに新しいレストランが出来たり、バス移動が無くなったり、便利になりますね~。
かぐら04 (1 - 1IMG_4913)_R


帰りに、まんてん星の湯で温泉入って、高崎でラーメンで一杯やって帰宅。
かぐら06 (1 - 1IMG_4919)_R
かぐら05 (1 - 1IMG_4927)_R


そして、snowboard 14-15season 終了~。
今日で今シーズンのスノーボード、滑り収めです。
少しは上手くなったかな?少しは・・・。
今シーズン、セッションして頂いた方、ありがとうございました♪
滑れなかった方、来シーズンはよろしくお願いします。
オフは山登りやカメラ頑張ります。たまにジャンプ練習しに行きます!!
では、また来シーズン~♪ 良きオフを~~

にほんブログ村 スキースノボーブログ スノーボードへ
にほんブログ村

テーマ : スノーボード
ジャンル : スポーツ

男体山 日帰り登山

2015.5.5 男体山 日帰り登山 山開き
日本百名山「男体山」に登ってきました。標高2,486m。
関東では、日光白根山に次いで第2位の高峰です。

去年、戦場ヶ原の三本松茶屋で撮影した男体山と流星!
2014-7-7 七夕 男体山星空 (1 - 1DSC_0340)_R

この山は去年、登山を始めてから2峰目に登った山なんですけど、体力が無くバテバテでなんとか登頂、下山しました。
今回はそのリベンジと、前日・当日の朝方まで、雨が降っていたので、雲海狙えるって事と、丁度山開きなんで男体山に決定しました~。
後、小学校の日光修学旅行でも定番コースに含まれているので登山する前から好きな山でした。



2時に家を出て、沼田⇒金精峠で奥日光へ。

5時着。駐車場にはまだ自分しかいません。山開きでGWなのに人少ないなぁ~と思っていたら、ゾロゾロ車が入ってきました。

二荒山神社中宮
2015-5-5 男体山01 (1 - 1DSC_0001)_R
ここから登山開始します。

6時半入山料を支払い登山開始。
2015-5-5 男体山02 (1 - 1DSC_0002)_R
一度来ているので、コースなどは頭に入ってます。地獄を見た所ですから(笑)

2015-5-5 男体山03 (1 - 1DSC_0003)_R
2015-5-5 男体山04 (1 - 1DSC_0004)_R
最初のこの階段が中々きつい(笑)

階段が終わってようやく1合目。
2015-5-5 男体山05 (1 - 1DSC_0006)_R
2015-5-5 男体山06 (1 - 1DSC_0007)_R
男体山のコースで一番きついのがこの樹林帯の急坂だと思うのは自分だけでしょうか?
筋肉が動き出す前にしょっぱなこれはきつい・・・。
が、休まず登り続けます。

樹林帯をあがると、3合目になります。
2015-5-5 男体山07 (1 - 1DSC_0008)_R

ここから4合目までは車道歩きになります。
2015-5-5 男体山08 (1 - 1DSC_0009)_R
休息ゾーンですね。

ここからまた登山道に戻ります。
2015-5-5 男体山09 (1 - 1DSC_0010)_R
ここまでかなり良いタイムで登ってこられました。

五合目~。
2015-5-5 男体山10 (1 - 1DSC_0011)_R
木の根っこやザラ場が続く。
2015-5-5 男体山11 (1 - 1DSC_0012)_R
五合目の非難小屋。前回来たときはいきなりここで休憩。
今回はまだまだ元気です。

6合目~。
2015-5-5 男体山12 (1 - 1DSC_0013)_R
岩場が増えてきました。
2015-5-5 男体山13 (1 - 1DSC_0014)_R
と、思ったらまた森の中へ。
2015-5-5 男体山14 (1 - 1DSC_0015)_R

7合目~。と非難小屋?
2015-5-5 男体山16 (1 - 1DSC_0017)_R
2015-5-5 男体山15 (1 - 1DSC_0016)_R
ここから岩が主になります。
よじ登るような所はほとんど無いです。
2015-5-5 男体山17 (1 - 1DSC_0018)_R

鳥居をくぐり~
2015-5-5 男体山18 (1 - 1DSC_0019)_R

8合目~。
2015-5-5 男体山19 (1 - 1DSC_0020)_R
瀧尾神社に到着。
ここで休んでた、常連さん?に「今日は山開きだし、旧登山道から行ったほうが縁起がいいよ」と言われ、
鎖場から行くことに。
2015-5-5 男体山20 (1 - 1DSC_0021)_R

8合目途中から、雪が出てきました~。
2015-5-5 男体山21 (1 - 1DSC_0022)_R

9合目~。
2015-5-5 男体山22 (1 - 1DSC_0023)_R
結構積もってます。アイゼン履いてる人は見かけませんでした。
2015-5-5 男体山23 (1 - 1DSC_0024)_R

最後の登り。
2015-5-5 男体山24 (1 - 1DSC_0025)_R
この赤土が滑る事・・。

登頂~~。
一回も休まずハイペースで登れました~。
2時間10分。前回は4時間以上かかったんで、進歩したと思います。
男体山、1日3往復してる人もいましたけど・・・。人間じゃない(笑)
2015-5-5 男体山25 (1 - 1DSC_0058)_R
青空??
ん?
さっきまでの写真ドン曇りだったけど?
ハイ。晴れるまで山頂で待機してから写真撮りました。
昼前には雲が取れるとGPV 気象予報で予報してたので、1時間でも2時間でも待つつもりでした。
今回、1人登山なんで。

徐々に北側から雲が取れて来ました~♪
そして気温が上がってきて、降った雨が蒸発してきたのでしょうか?雲がモクモク雲海に。
2015-5-5 男体山33 (1 - 1DSC_0054)_R

晴れた~~♪

写真撮っていきます。

まず記念撮影。
2015-5-5 男体山29 (1 - 1DSC_0045)_R

二荒山大神像
2015-5-5 男体山26 (1 - 1DSC_0036)_R

石碑
2015-5-5 男体山30 (1 - 1DSC_0044)_R

鐘。鳴らしませんよ?
2015-5-5 男体山28 (1 - 1DSC_0040)_R

日光二荒山神社奥宮
2015-5-5 男体山27 (1 - 1DSC_0039)_R

一等三角点
2015-5-5 男体山31 (1 - 1DSC_0049)_R
一等とか二等って違いがわかりません(笑)

頂上石碑
2015-5-5 男体山39 (1 - 1DSC_0070)_R

最高点からの絶景。
2015-5-5 男体山32 (1 - 1DSC_0053)_R
美しすぎる。

山頂からの中禅寺湖。
2015-5-5 男体山34 (1 - 1DSC_0060)_R

太郎山神社
2015-5-5 男体山36 (1 - 1DSC_0068)_R

尾瀬方面
2015-5-5 男体山37 (1 - 1DSC_0056)_R
日光白根、燧ケ岳、会津駒ケ岳などなど。まだ雪沢山ですね~。

小真名子山、大真名子山。
2015-5-5 男体山38 (1 - 1DSC_0055)_R

小田代ヶ原
2015-5-5 男体山35 (1 - 1DSC_0064)_R
ズームで。

戦場ヶ原
2015-5-5 男体山41 (1 - 1DSC_0073)_R
ズームで。

上昇気流?でかなりガスが上がってきました。
2015-5-5 男体山40 (1 - 1DSC_0074)_R
かなり高度まで雲が上昇し始めましたので、積乱雲にでも急速に発達して下山時に降られたらヤバイので下山開始。

下山の雪道、シャバシャバになっててかなり滑ります。
2015-5-5 男体山42 (1 - 1DSC_0077)_R
一回尻餅ついて、手がドロドロに(笑)
綺麗な雪で洗いました。

雲の上にいたのにもう下にいます。
2015-5-5 男体山43 (1 - 1DSC_0081)_R

舗装道まで戻ってきました。
2015-5-5 男体山44 (1 - 1DSC_0082)_R
2015-5-5 男体山45 (1 - 1DSC_0083)_R
体力有り余ってるのでジョグ!!

靴洗って、清めます。
2015-5-5 男体山46 (1 - 1DSC_0085)_R

無事下山~。
2015-5-5 男体山47 (1 - 1DSC_0086)_R

三本松茶屋で登った男体山を眺めながらギョーザコロッケを食す。
2015-5-5 男体山48 (1 - 1DSC_0087)_R

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

家系ラーメン つばさ家 高崎店

ようやくGW突入です。
今日は、家でまったりして、高崎に新しい家系ラーメンができたので行ってきました。

●周辺地図


初めなんで普通にラーメンと小ライス注文。
丼。
つばさ家 高崎店 らーめん (1 - 1IMG_4911)_R

六角家の姉妹店らしく、地元の金八家の味を思い出します。

最近、高崎周辺に家系ラーメンがチラホラ出店してますが、どーも醤油が弱めでしっくりこなかったのですが、
今回のつばさ家は横浜本家の味がしました~。

吉村家の直系店、群馬に来ないかなぁ~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ハセ

Author:ハセ
趣味:【スノーボード】【登山】【カメラ】【旅行】これらの内容中心にブログ書いて行こうと思います。よければ覗いていってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
04 ≪│2015/05│≫ 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
来場者