雲取山 1泊2日テント泊 登山 三峰ルート

2015.4.27~28 雲取山 1泊2日テント泊 登山 三峰ルート

日本百名山「雲取山」に登ってきました。標高2,017m。
東京都最高峰です。

2日間、天気が安定しそうなので、テント担いで嫁さんと1泊2日で行ってきました。
登山ルートは車で行くので、三峰ルート、ピストンで登りました。


夜中に出発して、三峰神社の駐車場で仮眠してから登る事に。
雲取山01 (1 - 1DSC_0001)_R
駐車場は広めで、大型バス等も停まってます。

前回の両神山 八丁尾根ルート と途中まで交通アクセスは同じでした。

準備を整え、6:30登山開始。
雲取山02 (1 - 1DSC_0002)_R
ザックの重さは17kg。それと三脚と一眼レフカメラも(自分のは左のバルトロ75のザックです)。
自分の体格ではかなり重く感じます・・。これもトレーニングでもっと重いのも担げるようになるのでしょうか?

ここから登ります。
雲取山03 (1 - 1DSC_0003)_R

この鳥居が登山口らしいです。登山届けポストやカウンターが置いてあります。
雲取山04 (1 - 1DSC_0006)_R
朝日が眩しいです。

緩やかな樹林帯を進みます。風が冷たく、快適に登れました。
雲取山05 (1 - 1DSC_0007)_R

同じような景色で飽きてしまっていると、地蔵峠に到着。
雲取山06 (1 - 1DSC_0008)_R
ザックの重さで歩みが重いです。泊まりだし、予報では夕立等も無さそうなので多少遅くなっても大丈夫なので、嫁さんのペースで登って行きます。

地蔵峠付近からの展望。
雲取山07 (1 - 1DSC_0009)_R
綺麗な青空です。今回は黄砂やPM2.5などの影響が少ないのか、そこそこ透き通った空です。

地蔵岳からすぐに霧藻ヶ峰に到着。
雲取山10 (1 - 1DSC_0012)_R
ここでザックおろして、休憩タイム。重いザックを外すと、身体がめちゃくちゃ軽い。ドラゴンボールの重い道着みたいです(笑)

秩父宮のレリーフ。
雲取山09 (1 - 1DSC_0011)_R
雲取山08 (1 - 1DSC_0010)_R

休憩小屋
雲取山11 (1 - 1DSC_0013)_R
閉まってます。要予約と地図には載ってますね。

霧藻ヶ峰の展望。
雲取山12 (1 - 1DSC_0014)_R
前回登った両神山方面を望みます。

望遠で。
雲取山13 (1 - 1DSC_0015)_R

霧藻ヶ峰から下るとお清平という場所に出ました。
雲取山14 (1 - 1DSC_0016)_R

ここから急坂が続きます
雲取山15 (1 - 1DSC_0017)_R
雲取山16 (1 - 1DSC_0018)_R

前白岩の肩に到着。
雲取山17 (1 - 1DSC_0019)_R
プチ休憩で軽食をいただきました。

前白岩山に着。
雲取山18 (1 - 1DSC_0021)_R

嫁さん。ザックの重さでバテ気味。まぁ~ゆっくり行きましょう~。
雲取山19 (1 - 1DSC_0022)_R

白岩山到着~。標高も1900m越え。
雲取山20 (1 - 1DSC_0025)_R
雲取山が2017mなので、後は平坦なのかなぁ~って思ってました・・・。

芋の木ドッケ。
雲取山21 (1 - 1DSC_0026)_R
この先、「凍結時はアイゼンを着けてください」と警告看板がありました。
細めの登山道のバラ尾根を進んでいきます。
雪は無かったです。

大ダワに到着。
雲取山22 (1 - 1DSC_0030)_R
ここまで、ずーと下りで標高かなり下げてきました・・・。
って事はここからまた1800mまで標高をあげる事になります、、、
意外とアップダウンの多いコースですね。
ザックの重さで結構しんどいです。

男坂を登りきると、閉鎖された雲取ヒュッテ。
雲取山23 (1 - 1DSC_0031)_R
廃屋が少し不気味です。

今回、幕営する雲取山荘に到着~。
雲取山24 (1 - 1DSC_0033)_R
きれいな山荘ですね。

無料の水場。水が豊富なのか、垂れ流しです。
雲取山25 (1 - 1DSC_0034)_R
雲取山26 (1 - 1DSC_0035)_R

さっそく、幕営料500円を支払いテント場へ。

テント設置完了。奥で嫁さんが宴会の準備をしてます。
雲取山27 (1 - 1DSC_0038)_R

このパワー森林香。かなり強力な蚊取り線香で、林業の業務用でかなり強力です。
雲取山28 (1 - 1DSC_0039)_R
虫が沢山いたのに、炊いてからどっかいっちゃいました。
キャンプ等でも大活躍できそうですね。

宝箱オーープン♪
雲取山29 (1 - 1DSC_0040)_R
クーラーと保冷財でキンキンに冷やしたビール。

さっそく乾杯。1日目お疲れ様でした。
雲取山30 (1 - 1DSC_0041)_R

焼肉開始~~♪
雲取山31 (1 - 1DSC_0044)_R
タン。レモン汁も持参しました。

疲れてお腹もペコペコだったので、激美味です。
雲取山32 (1 - 1DSC_0045)_R


豚ロース。塩コショウで。
雲取山34 (1 - 1DSC_0047)_R

カルビ~。
雲取山35 (1 - 1DSC_0048)_R
フライパンが焦げこげに(笑)

ご飯も。
雲取山33 (1 - 1DSC_0046)_R

冷凍枝豆持ってきました。いい感じに解凍できてます。
雲取山36 (1 - 1DSC_0050)_R

宴会をやってると、茂みがガサガサ。
雲取山38 (1 - 1DSC_0053)_R
鹿~~。
雲取山37 (1 - 1DSC_0052)_R
それも沢山。この時は、かわいいな~っと思ってましたが・・。

日も落ち、月が綺麗です。
雲取山39 (1 - 1DSC_0054)_R
夜の天気も快晴?っぽいですね。

疲れてるので早めの就寝。
雲取山40 (1 - 1DSC_0057)_R
爆睡してると、外でガサガサ。
テントから出ると、テントの真横にシカが。
向こうも驚いて逃げて行きましたが、こっちも飛び上がるほどビックリしました。

そしてテント内に戻ってしばらくすると、またシカが集まってきます。
森の中をライトで照らすと、光る目だらけ・・。
シカや狸など。
シカの歩く音で全然寝れません・・・。

夜中の1:30。嫁さんは寝てますが、自分は星の撮影に山荘前へ。
月が沈み、天の川が綺麗に見える時間に。
雲取山41 (1 - 1DSC_0062)_R
東京からの光害でどうかなぁ~って思ったけど、綺麗に天の川見れました。
真夏時の縦に光る天の川と違って、この時期は斜めに天の川が見えます。

綺麗に見える星空。放射冷却で夜の山はかなり冷えました。
撮影もそこそこにしてテントに戻って仮眠。

日が昇る前の4:00。山頂で日の出見るため、ヘッドライト着けて登山開始。
雲取山42 (1 - 1DSC_0066)_R
昨日の疲れが残って、山頂まで足が重いです。

日が出る前に間に合いました~。
雲取山43 (1 - 1DSC_0067)_R
太陽が出てくる方角へカメラをセット。

出ました~~。
雲取山45 (1 - 1DSC_0074)_R

望遠で
雲取山44 (1 - 1DSC_0073)_R
雲取山46 (1 - 1DSC_0077)_R

日の出見た後は、山頂で記念撮影。
後ろに富士山も見えて展望最高です。
朝日が照らしてくれます。
雲取山47 (1 - 1DSC_0081)_R
富士山アップで。
雲取山48 (1 - 1DSC_0079)_R

テント戻って、朝ごはん
雲取山50 (1 - 1DSC_0085)_R

この後、テント撤去して下山開始。

来た道と同じルートでかなり飽き飽きでしたが、無事下山しました。

今回はかなりザックの重さに悩まされましたが、テント泊する以上仕方ないですよね~。
もっとトレーニングして重いザックでも軽快に歩ける用に練習します。

今年3度目の登山でした♪

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

両神山 八丁尾根ルート 日帰り登山

2015.4.22 両神山 登山 ~八丁尾根ルート~

日本百名山「両神山」に登ってきました。標高1,723m。

初めての山なので、メジャーな「日向大谷ルート」で登る予定でしたが、ちょっと物足りない気がして、
前から気になってた「八丁尾根ルート」で登る事にしました。



八丁尾根ルートは、鎖場で有名で滑落者が埼玉県最多のコースらしいです。
ネット検索で、鎖場天国や鎖場地獄など、そのようなキーワードを入れると、両神山がかなりHITします。

朝2時起床。準備して、3時発。
本当なら、藤岡経由で「金山志賀坂線」で八丁峠登山口に向かいたい所ですが、4月いっぱいは冬季通行止めなので、
関越道の花園IC経由向かいました。

八丁尾根ルートには2つの登山口があり、八丁トンネルの所と、上落合橋の登山口の2つがありますが、今回は上落合橋で行きました。と、いうか通行止めで八丁トンネルまで車が入れませんので・・・。

上落合橋に向かう道路はかなり狭く、車1台がやっと通れる広さ。そして、落石が沢山あり車から降りて、岩どかしたり・・。
そして、鹿の群れに囲まれ・・。 この道、もう来たくは無いかもです(笑)

6時ごろ上落合橋に着。
01 (1 - 1DSC_0001)_R
駐車場は数台停められる程度。
自分が来たときは誰もいませんでした。

ゆっくり用意して登山届け出して、6時半登山開始。
02 (1 - 1DSC_0002)_R

03 (1 - 1DSC_0003)_R
いきなり面白い木のはしごを登ります。

薄暗い樹林帯を歩きます。
今にも熊が出そうです。熊鈴ガンガンならして進みます。

04 (1 - 1DSC_0004)_R

まだ500mしか・・・。

沢山この葉っぱが生えてたんですけど、花が咲くのでしょうか?
05 (1 - 1DSC_0005)_R
今度調べてみます。

野鳥のさえずりが癒されます。ヒガラですかね?
06 (1 - 1DSC_0006)_R
沢山いて、熊鈴鳴らしてても結構近くに来てくれました。

しばらく歩くと八丁峠に到着。
08 (1 - 1DSC_0008)_R
展望台もありましたが、ガスガス。このあと晴れる予報ですが・・・。

注意書き。
07 (1 - 1DSC_0007)_R

樹林帯から岩場になってきました。
10 (1 - 1DSC_0012)_R
八丁峠から西岳を目指します。

ガスが取れてきました~♪
09 (1 - 1DSC_0011)_R
このまま晴れれば雲海も来たいできると、歩みが軽快になりました。


11 (1 - 1DSC_0013)_R
了解です!って、誰ともまだ会ってません(笑)

最初の鎖場。
12 (1 - 1DSC_0014)_R
鎖使わなくても問題ないです。

ここから鎖場が連続して続きます。
13 (1 - 1DSC_0015)_R
14 (1 - 1DSC_0017)_R

鎖場を数箇所登ると、行蔵峠に到着。
15 (1 - 1DSC_0018)_R

ここで、一気にガスが取れてきました~
16 (1 - 1DSC_0023)_R
テンションあげつつ、先に進みます。

西岳着。
17 (1 - 1DSC_0025)_R

雲海~~~♪
18 (1 - 1DSC_0026)_R
西岳で雲海を眺めながら小休憩。すばらしい絶景。
これがあるから登山は楽しいです。
19 (1 - 1DSC_0029)_R

大きなシャクレ岩出現。
20 (1 - 1DSC_0031)_R

ここから一気に鎖場が増えます。
21 (1 - 1DSC_0032)_R
西岳から東岳の間で20箇所くらいは鎖場があったと思います。

両サイド切れ落ちたナイフエッジ。
22 (1 - 1DSC_0034)_R
見た目より余裕です。
バランス崩したら死ねますけど・・・。

まだまだ鎖
23 (1 - 1DSC_0036)_R
西岳から鎖で高度下げて、また鎖で登るアップダウン。

ようやく東岳到着。
24 (1 - 1DSC_0039)_R
こんな所にベンチがあるなんて、素敵すぎます。
ここも展望がいいです。
30 (1 - 1DSC_0050)_R
先ほどまでの雲海は消えてました。

ここからまた少し下がり、最後鎖でまた高度上げます。

そして、両神山の山頂。
25 (1 - 1DSC_0042)_R
28 (1 - 1DSC_0045)_R
26 (1 - 1DSC_0043)_R
27 (1 - 1DSC_0044)_R
山頂は狭く、数人の先客がいました。みんな日向大谷から登ったみたいです。

簡単に食事済ませ、同じコースで下山。
登りは、ほとんど鎖使わずクライミングで登ってきましたが、
下山はめっちゃ鎖使って、鎖場満喫しました。
手が錆で真っ茶・・。

帰りは、花見たり。バードウッチングしたり、野生動物さがしたりしながら下山しました。
32 (1 - 1DSC_0052)_R
可愛いミニマツボックリ
34 (1 - 1DSC_0054)_R
アカヤシオツツジも少し咲いてました。
33 (1 - 1DSC_0053)_R

29 (1 - 1DSC_0046)_R

無事下山~。
35 (1 - 1DSC_0056)_R
36 (1 - 1DSC_0057)_R

結局、八丁尾根ルートですれ違ったのは3人だけ。

帰りは大滝温泉で汗を流し、無事帰宅
37 (1 - 1DSC_0058)_R

このコース、全部で33箇所の鎖場があるそうです。
中々面白いコースでした。また機会があれば来たいですね。登山口までの道路がネックですけど・・。(笑)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

赤城千本桜

2015.4.16 赤城千本桜

赤城の千本桜にお花見行ってきました~。

●周辺地図


平日なのにプチ渋滞。
県外ナンバーもチラホラ。

ソメイヨシノのアーチ
tooti (1 - 1DSC_0023)_R
出店も沢山出ててにぎわってます。
休日は相当混みそうですね・・。

適当な場所にシート広げ、乾杯!!
ビール (1 - 1DSC_0007)_R
今日、自分は運転手なのでノンアルコールで。

お弁当~♪
ご飯 (1 - 1DSC_0008)_R
可愛いおむすび。
出店でも焼きそば買って食べました~。

イベント広場から
芝桜 (1 - 1DSC_0003)_R
桜と芝桜が綺麗です。
天気が良くてぽかぽか陽気でした。
お腹も満たされ少しウトウト Zzz。

八重桜。
桜 (1 - 1DSC_0010)_R
モコモコしてて可愛い桜ですね。

ヒヨドリが桜一帯を独占してました(笑)
ヒヨ鳥 (1 - 1DSC_0017)_R
ヒヨ鳥02 (1 - 1DSC_0021)_R

今年の桜ももう終わりですね~。また来年かな~
oti (1 - 1DSC_0022)_R

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 写真

筑波山 日帰り登山

2015.4.9 筑波山 登山

去年から始めた、山登り。
歩く楽しさを知り、絶景に酔いしれ。新しい趣味が増えました。

今年一発目は足慣らしも含め、日本百名山の最低峰の「筑波山」に行ってきました。
標高は877m。

今回のルートは白雲橋コースで女体山に登って、御幸ヶ原から男体山に行き、御幸ヶ原コースで下山しました。


夜勤明けで寝てないでそのまま筑波山の市営駐車場へ。
1 (1 - 1DSC_0001)_R
急遽、登ることになったので、仕事から帰宅後急いでザックに荷物入れてお風呂入って、6時前に出発。
8時すぎに着。もっと早く着けると思ったけど意外と時間かかりました。
少し仮眠とってから登ろうかと思いましたが、今年一発目と言うことでテンション上がり、登山口へGO。
先日の寒気でお山は真っ白になってました。

筑波神社の鳥居をくぐり。民家通りの先に白雲橋コースの登山口がありました。
少し迷(笑)
2 (1 - 1DSC_0002)_R
3 (1 - 1DSC_0003)_R

綺麗な桜も咲いてました~♪
4 (1 - 1DSC_0005)_R
5 (1 - 1DSC_0006)_R

入り口
さぁ~気合入れて登ります。
6 (1 - 1DSC_0007)_R

気持ちの良い樹林帯。登山道も綺麗に整備されてる感じでした。
7 (1 - 1DSC_0008)_R

さっそく雪が出てきました。雪をかぶった樹林帯と太陽光がすばらしいです。
8 (1 - 1DSC_0009)_R
実は、先日の寒気で雪が多少積もって、綺麗な景色見られると思ったのも急遽、来ることにした理由でもあります。
この時点では、この程度の雪だと思ってました・・・。

迎場コースとの分岐点。
9 (1 - 1DSC_0011)_R
もっと体力と筋力落ちてるかと思ったけど、意外にここまで軽快に登ってきました。

超綺麗でした。
10 (1 - 1DSC_0014)_R

白蛇弁天
11 (1 - 1DSC_0015)_R
白い蛇が住み、見た者は財を成すと言われているそうです。
もちろんいませんでした(笑)

かなり雪深くなってきました。深雪の所は靴がうまるくらい積もってます。
12 (1 - 1DSC_0016)_R
13 (1 - 1DSC_0017)_R

弁慶茶屋跡
14 (1 - 1DSC_0019)_R
15 (1 - 1DSC_0020)_R
ベンチもあるようですが、雪が積もってます・・。

思ってた以上に雪が積もっててこの先ちょっと心配になりました。

弁慶七戻り
16 (1 - 1DSC_0023)_R
岩のトンネル~。
ここから色んな形の岩が見られます。

写真撮ってると、木のから溶けた雪が大量に落ち始め、カメラ出すのが憂鬱になってきました。
17 (1 - 1DSC_0024)_R

18 (1 - 1DSC_0025)_R
19 (1 - 1DSC_0026)_R
21 (1 - 1DSC_0028)_R


必要ないと思われる鎖~。
20 (1 - 1DSC_0027)_R

岩が雪でかなり滑ります。。

必要ないと思われる鎖~パートⅡ
22 (1 - 1DSC_0030)_R

いよいよ山頂。
23 (1 - 1DSC_0038)_R
頂の女体山。
特に危ない所も無く、あっさりと登頂。
24 (1 - 1DSC_0035)_R
26 (1 - 1DSC_0033)_R


25 (1 - 1DSC_0034)_R
関東平野の絶景。前日の雨でモヤってたけど、そこは我慢。

次はもう一つのピーク「男体山」へ。どうしても日光の山が出てくる。

この時期、カタクリの見ごろらしいのですが・・・。
27 (1 - 1DSC_0042)_R

29 (1 - 1DSC_0043)_R

雪に埋まっちゃってます。。。残念。お花畑はまた今度。
28 (1 - 1DSC_0040)_R

御幸ヶ原に到着。
30 (1 - 1DSC_0044)_R
ケーブルカーでここまで登ってこられるみたいです。
平日なのに沢山に観光客がいました。

男体山へ
31 (1 - 1DSC_0045)_R
階段多いな~~。

頂。
32 (1 - 1DSC_0046)_R
標高は871m。
展望は、女体山のほうが、遥かにいいね。

御幸ヶ原でお昼ご飯。
本日は質素に緑のたぬきと味玉トッピング。
33 (1 - 1DSC_0048)_R
簡単に済ませました。

iphoneも充電。
34 (1 - 1DSC_0049)_R

あまり疲れてないけど、アミノ酸補給
35 (1 - 1DSC_0050)_R

帰りは御幸ヶ原コースで下山。
36 (1 - 1DSC_0051)_R
雪でめっちゃ滑る~~~~。
下部は雪解けで川のように水が流れてグッチャグチャ・・・・・・・。

無事下山~~~。
37 (1 - 1DSC_0052)_R
38 (1 - 1DSC_0053)_R
特に怪我も無く無事下山しました。
思ってた以上に雪深くて、良いトレーニングになりました。

今年は色んな山、登りに行きたいです。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

高崎城址 桜

2015.4.2 天気も良いので有給取って高崎城址で桜見てきました
桜なんて、近づいて見てのなんて数年ぶり!この時期は休みあればスノーボード行ってたのでね・・。(笑)

●周辺地図

高崎城は、慶長3年(1598)、徳川家康の命を受けた箕輪城址・井伊直政によって築城された城らしいです。

高崎駅から徒歩15分。周辺に有料駐車場多数。

桜は満開で少し散り始めでとても綺麗でした。
城跡 (1 - 1DSC_0002)_R
お濠側から。乾櫓と桜、青空と最高です。

花粉?黄砂?PM2.5?の影響で快晴なんだけど、モヤがかかったような晴れ間。

mokomoko (1 - 1DSC_0021)_R
モコモコしてて何か美味しそう!?

曲がり (1 - 1DSC_0012)_R
空に伸びるような桜

鳥01 (1 - 1DSC_0018)_R
鳥02 (1 - 1DSC_0020)_R
ヒヨドリが近づいて来てくれました♪

ミクロ (1 - 1DSC_0017)_R
アップで!

夜桜もいいかもだけど、晴れた日には日中の桜もとても良いものですね~。
赤城の桜も見に行こうかな~っ?

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

テーマ :
ジャンル : 写真

プロフィール

ハセ

Author:ハセ
趣味:【スノーボード】【登山】【カメラ】【旅行】これらの内容中心にブログ書いて行こうと思います。よければ覗いていってください。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
03 ≪│2015/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
来場者